このページの本文へ

JX通信社、大手VC2社に対する第三者割当増資を実施

JX通信社
2019年07月11日

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

JX通信社、大手VC2社に対する第三者割当増資を実施

JX通信社
リスク情報速報SaaSを核に「記者のいない通信社」を確立

報道ベンチャーの株式会社JX通信社(本社:東京都千代田区/代表取締役:米重克洋、以下「当社」)は、グローバル・ブレイン7号投資事業有限責任組合(運営:グローバル・ブレイン株式会社/本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:百合本安彦)並びにSBI AI&Blockchain 投資事業有限責任組合(運営:SBIインベストメント株式会社/本社:東京都港区/代表取締役執行役員社長:川島克哉)を割当先とする、第三者割当増資を実施しました。


本件による当社の調達額は約5億円で、これまでの当社の累計調達額は計約14億円となります。当社では、今回の調達資金をもとに、リスク情報SaaS「FASTALERT」を軸とした当社サービスの更なる成長と「記者のいない通信社」としての新しい報道プラットフォームの確立に取り組んでまいります。

また、今回の第三者割当増資に伴い、新たにグローバル・ブレイン株式会社の百合本安彦代表取締役社長が当社社外取締役に就任します。


◎リスク情報SaaS「FASTALERT」(ファストアラート)について



「FASTALERT」は、SNSから災害、事故、事件などのリスク情報を収集し、配信するSaaSです。
2016年9月のリリース後7ヶ月で、全ての民放キー局とNHKで採用。
各局ニュース番組における「視聴者提供」動画定着の原動力になりました。2018年の日本新聞協会 技術開発奨励賞を受賞しています。
現在は全国の大半のテレビ局に採用されているほか、新聞社や警察、消防、自治体や一般企業でも幅広く導入実績があります。



◎グローバル・ブレイン(株) 百合本安彦代表取締役社長のコメント

「FASTALERT」は企業活動における速報の重要性を上手く捉えたサービスです。 情報が溢れている昨今、誰よりも早く必要な情報を得ることが出来る者が、情報戦争を制すと考えています。私どもは後発のサービスながら、利用企業を確実に伸ばし、また報道機関だけでなく他業種への導入も進んでいる「FASTALERT」を非常に評価しており、今後も全力でご支援していきたいと考えています。



写真左から:グローバル・ブレイン株式会社 河上将也氏、グローバル・ブレイン株式会社 代表取締役社長 百合本安彦氏、株式会社JX通信社 代表取締役 米重克洋、株式会社JX通信社 取締役CFO 金子正一


◎JX通信社 会社概要
社 名:株式会社 JX通信社
所在地:東京都千代田区飯田橋四丁目 1-11 信濃ビル5階
代表者:米重 克洋(代表取締役)
資本金:6億853万5000円
主要サービス:
「FASTALERT」(ファストアラート)
SNS 上の災害、事故、事件などの緊急情報をAIで収集するリスク情報SaaS
「NewsDigest」(ニュースダイジェスト)
報道価値をAIで判定し、ニュース速報を高速化したニュース速報アプリ
「JX通信社 情勢調査」
回答率の高い自動電話世論調査サービス


主要株主:
共同通信グループ(一般社団法人 共同通信社/株式会社共同通信デジタル)
グローバル・ブレイン株式会社
株式会社QUICK
サイバーエージェント・キャピタル株式会社
SBIインベストメント株式会社
株式会社ベクトル
株式会社テレビ朝日ホールディングス
三菱UFJ キャピタル株式会社
株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビグループ)ほか

PRTIMES リリース詳細へ

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

スタートアップ連載一覧
ピックアップ