このページの本文へ

ニーズ高まるエッジAIの導入を推進

エッジAIアルゴリズム「DBT」、Arm「Cortex-A」シリーズへ実装可能に

2019年07月03日 16時40分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エイシングは7月2日、Arm提供の「Cortex-A」シリーズ搭載チップに、「DBT」(ディープ・バイナリー・ツリー)を実装することに成功したと発表。

 Cortex-Aシリーズは、スマートフォンやタブレットといった、多くの電子製品に搭載されているハイエンドCPU。

 DBTは、導入機器単体がクラウドを介することなくリアルタイムに自律学習することが可能な、独自のエッジAIアルゴリズム。

 今回、Cortex-Aシリーズ搭載の各種ボードや、それに準ずる環境にもDBTの実装が可能となった。また、Cortex-A搭載のボードを顧客のシステムにつなぐだけで簡易に試験導入の環境を整えることができるという。

 エイシングは、DBTの開発および顧客のシステムへの実装までを技術的にカバーすることで、エッジAIの領域においてワンストップのソリューションを提供できる体制を目指すとしている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ