このページの本文へ

小型高音圧スピーカーモジュールの開発に成功省スペースで大きな警報音を実現しセキュリティ関連分野に市場拡大

2019年06月13日 13時13分更新

文● オンキヨー株式会社

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オンキヨー株式会社
当社はOEM事業において、スピーカー技術を応用し、小型で大音量を実現した高音圧スピーカーモジュールの開発に成功、場所を取らずに大きな警報音を鳴らすことが可能になりました。このスピーカーモジュールを活用し、今後セキュリティ関連分野の市場へ本格的に参入してまいります。 当社はホームAV事業売却により、祖業であるスピーカーコンポーネント事業への回帰を進め、OEM事業に注力することによってあらゆる用途への拡大と業績向上を目指してまいります。




75dB 95dB

当社は独自のスピーカー技術を活用し、振動板の振動モード解析など振動板形状を検討しピークディップ周波数を最適に発生させることでドライバーユニットの高音圧化を実現しました。また、振動板の前面に共鳴管を配置することにより、さらに音圧を上げることに成功、1m離れた位置で75dBをはるかに上回る95dB(10倍の大きさ)の音圧を実現する小型スピーカーモジュールを開発いたしました。これにより省スペースでも従来品を大きく上回る警報音を出すことが可能となり、北米の基準をクリアしているため海外製品にも応用が可能となっています。

当社はこの小型高音圧スピーカーモジュールを活用し、「Sound by Onkyo」などへの展開含め、セキュリティ関連分野へ本格参入してまいります。

当社グループでは、祖業であるスピーカー開発で培ってきた音に関する技術を活用し、OEM事業において「Sound by Onkyo」などサブブランド戦略を強化しております。すでにホームAV機器の3倍以上の出荷台数を達成して、オンキヨーブランドの露出拡大を行っております。今後もあらゆる場面において高品位な“音”のソリューションの提供を続けるとともに、さらなるブランド向上を目指してまいります。   

※グラフ中の台数はオンキヨーおよびオンキヨーサブブランド製品に関するものです。B2B(OEM)事業の台数につきましてはサブブランドが付与されたもののみの出荷台数です。

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ