このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第106回

ワイヤーフックVRアクションゲーム「Windlands 2」 高所を飛び移りながら移動する独特の浮遊感が爽快!

2019年04月08日 15時30分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、広大なフィールドをフック付きのワイヤーで飛び回れるVRアクションゲーム「Windlands 2」を紹介しよう。Steamなどで好評を博した「Windlands」の続編。武器で攻撃する要素と、マルチプレイの追加が大きな変更点である。プレイヤーは巨人を撃ち倒し世界を救うために、高くそびえ立つ山のような遺跡を探索し先に進んでいく。ゲームの冒頭では、影絵のような雰囲気のあるデモでストーリーが語られる。

 基本的な操作としては、ハンドコントローラーのトラックパッドで移動やジャンプをする。両手のトリガーで手元からワイヤーフックを射出し、地形のうち緑色の部分に当てることで、フックを突き刺すように繋げる。ワイヤーにぶら下がりながら、移動することも可能。漫画『進撃の巨人』の立体機動装置のように、次々に左右のワイヤーを繋げる先を変えながら、飛び回って移動するのは爽快だ。VRによる主観視点のため、飛び回る際の風景の変化もダイナミックで心地良く、独特の浮遊感もたまらない。

 一方、フィールドは高所なので、ワイヤーフックでの飛び移りに失敗すると、主観距離で落下してしまう場合もある。このときの「落下感」とも言える感覚もリアリティー満載だ。エレベーターや遊園地の降下型アトラクションで急降下するときのような、感覚を確かに感じてしまう。落ちているのに、浮いているようにも感じる、お腹のあたりがフワっとなるあらがえない感覚である。実際には、しっかり地に足を付けているのに、全身の感覚が錯覚をするというのも、VRならではの体験。なお、1番下まで落ちるとチェックポイントから再開するので、とくにペナルティなどはない。

 敵と戦うときは、ハンドコントローラーのグリップボタンを握り込む。両手のワイヤーフックを弓と矢に変え、弓を引くアクションで矢を飛ばせる。ワイヤーフックと弓矢の使用は排他のため、アクションは難しい。飛び回って、敵の攻撃を回避しながら、攻撃するようなものである。それだけにうまく立ち回ることができれば、スタイリッシュなバトルを楽しめる。

 クレイアニメのような独特の風合いのグラフィックによる、幻想的なフィールドも見どころ。壮大な風景を見渡せるような場面もあり、移動しているだけでも楽しい作品だ。ただし、アクションゲームとしての難易度は比較的高め。ゲーム開始時に難易度を選べる。活用してほしい。マルチプレイでは最大4人までの協力プレイが可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事