このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第105回

パズル初心者にもおすすめ!

小さな少女と脱出を目指すVRアクションパズル「Alice Mystery Garden」

2019年04月01日 19時20分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、小さな少女と脱出を目指すVRアクションパズル「Alice Mystery Garden」を紹介しよう。本作の舞台は「ミステリーガーデン」と呼ばれる不思議な世界。プレイヤーは、ミステリーガーデンに迷い込んでしまった少女「アリス」とともに、ステージクリアに必要な鏡の欠片を集めていく。

 ゲームはミステリーガーデンのポータルから開始する。ミステリーガーデンにはいくつも鏡が設置されており、鏡の中に入ることで、各ステージに挑める。プレイヤーは空から地上を見下ろすような視点でアリスを操作し、ステージのさまざまなところに落ちた鏡の欠片を集める。鏡が完成すると、ステージクリアだ。各エリアにあるステージをクリアすることで、次のエリアが解放される。

 アリスとともに挑むステージは立体的な構造になっている。プレイヤーは両コントローラーのトリガーを引き、全体を回転することで、ステージの横の道や裏側まで確認できる。視点の上下移動は、ステージの回転と同じ要領で可能。

 ステージには小さい洞窟や狭い通路など、プレイヤー側では確認しにくい箇所が度々現れる。そういった際は視点をプレイヤーからアリス切り替えることで、一人称でステージ内部を見ることができる。アリス視点で見る洞窟内は、アドベンチャーゲームで探検をしているような感覚だ。

松明1つで歩く洞窟は少しドキドキする。

 上記で紹介したように、プレイヤーは自分とアリスの視点を切り替えながら、ステージの構造を理解し、各所に落ちた鏡の欠片を集めていく。

 本作では基本的に、これらの操作をマスターしておけば着席したままでもプレイできる。体を動かしながら遊ぶことがVRゲームの醍醐味でもあるが、本作は狭いスペースでも安心して遊べる作品の一つだ。

 道中には、大きな箱や高さが変わる床、回転する足場などギミックが用意されている。プレイヤーはコントローラーを使ってギミックを直接動かすことが可能。たとえば、アリスが渡れないような場所は、箱を積み木のように積んで階段や道にしたり、移動する足場にアリスを乗せて高いところへ運んだりなど、アリスをうまく目的の場所に導こう。

 ギミックを動かす操作に慣れてくると、片方のコントローラーでアリスを動かしながら、もう片方で箱を積んで足場を作っておくこともできる。工程数が増えても操作にストレスは感じない。

アリスを見つめ続けていると手を振ってくれる。かわいい。

 本作は各ステージのオブジェクトにもこだわりを感じる。斧や料理などのオブジェクトは攻略には関係ないものの、本作の世界観を創り上げているといえる。また、プレイヤー視点ではジオラマのようなステージのオブジェクトでも、アリス視点に変更することで、まるで不思議な世界の住人になったかのような気分になる。各ステージ細かな部分まで作り込まれている。アリス視点でさまざまな場所を見て回っても面白い。

 そのほか、本作は「敵キャラクターが妨害をしてこない」ことも良い点だ。敵キャラクターによる妨害でリトライしたり、毎回攻撃アクションを行ったりなどの操作がいらない。じっくりとゲームとに集中できる。

 「Alice Mystery Garden」のステージは全17種類。全ステージは2時間ほどでクリアできる。パズル初心者にもおすすめできる作品だ。アリスの可愛さやゲームの世界観に触れながら、まったりと遊んでみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
HTC VIVE Facebookページ