このページの本文へ

MoguraVRのゲームとって出し第109回

スマホ版よりもパズル要素が強め

「アングリーバード」がVRに! VRアクションパズルゲーム「Angry Birds VR: Isle of Pigs」

2019年05月22日 20時00分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今回は、VRアクションパズルゲーム「Angry Birds VR: Isle of Pigs」を紹介しよう。本作は人気スマートフォンゲーム「アングリーバード」のVR版タイトルである。個性的な「鳥」を飛ばして建物などを破壊して敵を倒していくゲームだ。

 本作の物語は、鳥たちが緑の豚集団に盗まれてしまった大切な卵を取り返しに行く、というもの。プレイヤーは鳥をスリングショットで撃ち、木材や石材のブロックを積み重ねた塔にいる豚たちを倒していく。3発のスリングショットを撃つまでに各ステージに存在する豚を全て倒すことができればクリア、次のステージへと進むことがきる。

 本作には「赤い鳥」「黄色い鳥」「黒い鳥」「青い鳥」といった個性的な鳥たちが登場する。赤い鳥以外の鳥たちはそれぞれスキルを持っており、黄色い鳥はスリングショット後にコントローラーのトリガーを引くことで、さらに加速して木材などのブロックを突き破ることができる。黒い鳥は爆発することで他の鳥ではびくともしない硬い石材を破壊でき、青い鳥は3羽に分身することで広範囲にダメージを与えられるといったスキルがある。

 本作の遊び方はスマートフォン版と同様にシンプルなものになっている。スマートフォン版と大きく異なる点は「3D化」である。スマートフォン版は平面のステージであったが、VR版は奥行きのあるステージで構成されている。また、鳥を撃つ場所が1つからだけでなく、複数箇所から狙えるようになっているため、よりパズル要素が強くなっている。過去にスマートフォン版をプレー済みの筆者でも新鮮な気持ちでプレーできた。

 最初は複数地点から塔を見て、「どの階層に何が設置されているか」「上のブロックを支えているパーツはどれか」などを確認することをオススメする。正面から見るとガードが硬そうに見えても、別の地点から見ると塔の弱点が見えてくることもあるので、クリアできない時はまず周囲から塔を見てほしい。

 本作はクリア方法が1つではないところも面白い。プレイヤーが塔の狙う箇所によって壊れ方が変わったり、鳥のスキルやギミックによっても壊れ方が変わったりするので、さまざまなクリア方法がある。ときおり、プレイヤーが想定していなかった連鎖が発生し、「ミラクルが起きてクリア!」なんてこともある。ステージの中には、1回で豚を全滅可能なステージも複数用意されているので、チャレンジしてみるのも面白いだろう。

 各ワールドの最後にはボスが待ち受けている。ボスは他の豚よりも体力が多いため、直接狙うよりもステージのギミックを活用する方が有効だ。ボスを見事倒すことができれば次のワールドが開放される。

 本編では4つのワールドで各13ステージが遊べる。ワールドは「ビーチ」や「岩山」「雪山」といったものに分かれており、ワールドごとに出てくるブロックなども変わってくる。最終ワールドでは今までのすべてのブロックが登場するのでやり応えは十分といえる。

 ステージクリア後には壊したブロックの数や残っている鳥の数に応じてスコアが表示。スコアによって3段階の星で評価される。一度クリアしたステージでも、他の方法だったらもっとハイスコアが狙えるかも、とトライ&エラーを繰り返して高いスコアを目指したくなる。

 なお、本作は3月に実施されたアップデートにより、ホラーの雰囲気が漂う追加ステージ「SPOOKY MODE」も遊ぶことが可能だ。こちらのモードでは、爆発を受けた時に周りのブロックを変形させる新ギミックなども登場。本編とはまた違った面白さがあるモードとなっている。本編とあわせて、是非こちらもプレーしてみてはいかがだろうか。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
HTC VIVE Facebookページ