このページの本文へ

石川温のPCスマホニュース解説 第35回

アップルも映像配信を始めるというのに:

時代錯誤の「iPod補償金」議論

2019年03月26日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

■補償金はクリエイターに還元されているのか

 そもそも補償金は、クリエイターを守るために設定されたものだ。

 かつてレンタルCDが全盛だった時代、デジタルコピーが横行し、CDが売れなくなればクリエイターが生きていけなくなる、そのためにデジタルコピーできるものに対して補償金を載せ、クリエイターを守りましょうという仕組みであった。

 しかし文化庁での議論では「そもそも補償金がクリエイターに還元されているか不透明だ」という意見が相次いでいた。

 補償金は機器の価格に含まれており、実際に負担しているのは消費者ということになる。この補償金は補償金管理団体を経由して3つの権利者団体に分配される。その際、手数料などが引かれていき、最終的にクリエイターに還元されるのは全体の半分程度にしかならないというのだ。

 最近はストリーミング配信により、どれだけ再生されたかによってクリエイターにきちんと報酬が支払われるようになっている。もはやCD-RやiPod、ウォークマンへのコピーは下火であるため、いまからわざわざ補償金を製品に載せるというのはナンセンスなのではないか。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン