このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”第603回

ソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!

2019年03月23日 10時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーの新カメラ「α6400」の
リアルタイムトラッキングがスゴすぎた!

 さて、2019年の春は魅力的なカメラが一気に発表・発売された年として記憶されそうな案配で、数は多くないけどその精鋭っぷりは要注目。ここ数年、スマホばかりでデジカメは買ってないなあという人に使ってみてほしい製品が目白押しなのだ。

おなじみ、保護猫シェルター「queue」にて。スタンプが入ってたパッケージが気になるようで、そっと近づいてぱっと手を出した瞬間を狙ってみた。猫の好奇心はたまらん。2019年3月 ソニー α6400

 もちろんわたしは片っ端から猫を撮るのである。

 春の新製品シリーズ第一弾はソニーのα6400。これ、小型軽量のAFモンスターなのである。上位モデルのα6500とくらべると、ボディー内手ブレ補正がないってのが弱点だが、まあこのシリーズは手ブレ補正搭載レンズが普通なのでそこまで気にしなくてよいかと思う。

 で、そのウリはAFの速さ。AFが超速くて、特にリアルタイムトラッキング(一度指定した被写体を捕捉してフォーカスを合わせ続ける)が優れている。それ、こっちへ歩いてくる猫でもちゃんと補足してくれる、めちゃ猫向きじゃないか! と、ひたすら「リアルタイムトラッキング」をオンにして猫をいっぱい撮ってみたのが今回のテーマなのだ。

α6400をローアングルで構えてるの図。上面がフラットのシンプルなデザインがよし。このように親指シャッターを使うと(ちょっとブレやすいけど)低い位置で撮りやすい。画面はリアルタイムトラッキング中

 AFをAF-Cにし、フォーカスエリアをトラッキングモードにするだけ。うまくいけば自動的に、そうじゃないときは撮りたい猫を指でタップしてやると、そこを追いかけはじめてくれる。すると猫がこっちへ歩いてくるときでもちゃんと顔にピントを合わせ続けてくれた。

 こういうとき、AFが間に合わなくて顔にあってほしいピントが首や胴体に合っちゃうことってけっこうあるんだけど、α6400ならその心配なし。

歩いてくる猫もちゃんと顔にピントを合わせ続けてくれる。α6400の指定した被写体をトラッキングする機能はピカイチ。2019年3月 ソニー α6400

 いたずらな手……というか前足がひゅっと伸びた瞬間でもちゃんとピントの合った写真を撮れる(冒頭写真)。よいことである。しかも、モニターはチルト式でボディーも小さいので猫目線撮影も簡単なのだ。

 お次は近所で見かける丸々としたアメショーっぽい猫。左目がつぶれちゃってるけど、元気に生きてます。おうちの前に置かれた椅子に座ってるのがお気に入りのようで、ここに座ってるか姿が見えないかどっちかって感じなのだ。

外に置かれた椅子の上にちょこんと座っているアメショーっぽいホワイトタイガーな猫。左目がちょっと痛々しいけど、元気に生きてます。2019年3月 ソニー α6400

 人をちょっと警戒してるようなので脅かさないよう遠くから望遠で撮りつつしゃがんだら、椅子を降りてこっちにとことことやってきたのである。ちょっと予想外の展開だったけど、こういうときこそリアルタイムトラッキングAFの出番。

とことこと近づいてくるホワイトタイガーな猫だが、リアルタイムトラッキングAFのおかげで顔にピントを合わせ続けてくれた。ゆっくり歩いてくれたおかげもあるだろうけど完璧な結果に。2019年3月 ソニー α6400

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン