このページの本文へ

電池交換不要の光発電エコ・ドライブを搭載

シチズン、新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」発表

2019年03月08日 17時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シチズン時計は3月8日、新たなIoTプラットフォームサービス「Riiiver」に対応するスマートウォッチの新モデル「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を発表した。

 正式な発表は3月10日(現地時間)に米国テキサス州オースティンで開催される「サウス・バイ・サウスウェスト 2019」で公開される。IoTプラットフォームサービス「Riiiver」を通じてさまざまなデバイスやサービスとの接続を可能とし、腕時計のボタンを押すだけで配車サービスが利用できたり、スマートスピーカーなどのIoT機器を操作できるという。

Eco-Drive Riiiver(特定店取り扱いモデル)「BZ7005-74E」Eco-Drive Riiiver(特定店取り扱いモデル)「BZ7007-61E」 

 光発電エコ・ドライブを搭載することで電池交換を必要とせず、さまざまなデータを読み取りやすくするため盤面は視認性の高いカラーリングを施している。スマホとはBluetoothで接続、消費カロリーや歩数、光量の計測機能を内蔵する。

Eco-Drive Riiiver(特定店取り扱いモデル)「BZ7000-60L」Eco-Drive Riiiver(特定店取り扱いモデル)「BZ7005-74X」

 ケース径は43.2mm、厚みは12.6mm、ステンレスケースとステンレスバンドを採用する。秋頃の発売を予定している。4モデルが用意され、価格はいずれも4万8600円。

時計の機能セッティング画面活動量計の画面

 スマホアプリが無料で提供され、Eco-Drive RiiiverをIoTプラットフォームであるRiiiverと接続するのに使用するほか、Eco-Drive Riiiverやその他のデバイス・サービスとの連携設定や、活動量計や光量計機能の設定操作も可能。

カテゴリートップへ