このページの本文へ

シチズン 月着陸船と月探査車にスーパーチタニウム提供

2019年08月22日 13時40分更新

文● 阿部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シチズン時計は8月22日、月面資源開発に取り組む宇宙スタートアップのispaceと、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」のコーポレートパートナー契約を締結したと発表。同プログラムで使用されるランダー(月着陸船)とローバー(月面探査ローバー)の開発において、腕時計のために独自開発した素材「スーパーチタニウム」を提供する。

 スーパーチタニウムは、軽い、傷がつきにくい、さびにくいなどの特徴をもち、純チタニウムの6倍以上の表面硬度を誇るという素材。

 ランダーとローバーに、軽量化と強度の観点から各所にスーパーチタニウムを採用することで、信頼性と耐環境性の向上を目指すという。今後の検証によって実際に使用する部位、膜厚やコーティング作業などを検討し、他分野の製造技術を活用した新たな宇宙開発に挑むとしている。

■関連サイト