このページの本文へ

IoTプラットフォーム「Riiiver」の普及に向け展開

シチズン、新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」でクラウドファンディング

2019年06月11日 15時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 シチズン時計は6月11日、新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」のクラウドファンディングを行なうと発表した。

 Riiiverは各種デバイスが接続できるIoTプラットフォーム。クラウドファンディングはRiiiverに繋がるデバイスやサービスを充実させることを目的としているという。クラウドファンディングはCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)グループが運営する「GREEN FUNDING」にて6月17日に開始され、併せて先行販売も開始する。

BZ7005-74EBZ7007-61E  

 Eco-Drive Riiiverは光発電エコ・ドライブを搭載、Bluetoothによりスマホと接続し、専用アプリにより腕時計の各種機能をパーソナライズできるほか消費カロリーや歩数、光量を計測する機能がある。ケース径43.2mm/厚み12.6mm、2019年秋発売予定で価格は4万8600円(特定店取り扱いモデル)。

BZ7000-60LBZ7005-74X  

 クラウドファンディングの期間は6月17日~8月31日。また、クラウドファンディングの実施期間中は日本初のネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+」においてサンプル品の展示を予定している。

※本記事は、プロジェクトオーナーのプロジェクトが必ず成功することや、プロジェクトの品質、リターン内容を保証するものではありません。プロジェクト進行中に関するトラブル、返金要求、リターン返品要求はプロジェクトオーナーの責任のもと行なわれます。プロジェクト不成立時には製品が届かなかったり、返金が受けられないなどのリスクがあります。出資は自己責任でお願いします。