このページの本文へ

今年は爽やかなネイビーのカラーリングのモデルを着用

大坂なおみ選手が全米オープンテニス2019で試合着用する「シチズン エコ・ドライブBluetooth」

2019年08月26日 16時45分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
グランドスラム試合着用モデル「シチズン エコ・ドライブBluetooth(BZ4000-07L、発売中)」(左)、大坂選手(右)

 シチズン時計は8月26日、同社ブランドアンバサダーであるプロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手が、全米オープンテニス2019で試合着用するモデルを発表した。

 2019年の全米オープンテニス(8月26日~9月8日)は大坂選手がディフェンディング・チャンピオンとして臨む初のグランドスラムトーナメント。シチズン エコ・ドライブ Bluetoothは、大坂選手がシチズンのブランドアンバサダーに就任した2018年8月以降試合着用している製品。今年試合着用するモデルはスーパーチタニウムのケースに、爽やかなネイビーのカラーリングを合わせた「シチズン エコ・ドライブBluetooth」ユニセックスモデルとなる。

全米オープンテニス2018着用モデル「BZ4006-01E」(左)、全仏オープンテニス2019着用モデル「BZ4005-03E」(中央)、全英オープンテニス2019着用モデル「BZ4000-07L」(右)

 シチズン エコ・ドライブBluetoothは、太陽光発電により充電不要なエコ・ドライブを搭載。Bluetooth接続により電話・メール・SNSの着信を音と針の動きによって通知する機能、スマホを探す機能などを備える。ケース径40.5mm/厚み10.68mm(設計値)。ケースはデュラテクトチタンカーバイト表面処理が施され、ガラスにはサファイアガラス(無反射コーティング)を採用。BZ4000-07Lの価格は7万5600円。

カテゴリートップへ