このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

光で発電するエコ・ドライブだから「ケーブル充電」不要

11月28日発売 シチズン新スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」を試した

2019年11月28日 08時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シチズンのアナログ針タイプスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)。価格4万9500円

 シチズン時計から発売されたアナログ針タイプのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」は、クラウドファンディング「GREEN FUNDING」で出品され、出資額はGREEN FUNDINGでは過去最高額の1億円達成と注目を集めているアイテム。11月28日11:00から「シチズン公式オンラインストア」を皮切りに一般販売をスタートし、クラウドファンディングに参加できなかったユーザーも購入できる。

腕に装着した状態

アナログ針タイプのスマートウォッチ

 「Eco-Drive Riiiver」は、時分秒針を備えたアナログ針タイプの腕時計に、Bluetoothによるスマートフォンとの連携機能を搭載したスマートウォッチ。

 タッチ式ディスプレーは非搭載のため、ペアリングしたスマートフォンに届いた着信やメッセージなどを、テキストやアイコンなど文字板上で確認するといった機能には、対応していない。

ケースの厚さは12.6mm

 ケース径は43.2mmで厚みは12.6mm。ケース素材はステンレスを採用している。見た目はゴツい印象だが、手に持ってみると思ったほどの重さは感じず、腕に自然につけられるレベルだ。ガラスは無反射コーティングで文字盤なども見やすい。

バンドは工具を使って外すタイプ
バンドの長さを調整するための溝があるドライバーなどの工具でロックは外せる

バンドの長さの調整方法

 バンドは、ステンレス素材のミラネーゼタイプ。アジャスターの留め具はスライド式で、アジャスターのロックをマイナスドライバーなどの工具で開くことで、位置を動かすことができる。

 アジャスターの位置は最初に決めれば、以降の調整は不要。なお、バンドを取り替えるためにラグから外すには、バネ棒外しが必要なタイプだ。

本体右側面にりゅうずとボタンを配置右側面はなにもなくシンプル

 ケース右側面には、りゅうずと上下にボタンを配置。ボタンは大きめで、腕に装着しているときでも押しやすい。りゅうずは2段階で引き出せるようになっており、時刻合わせやフライトモードの設定などをする際に利用する。ちなみにフライトモードにする場合は、1段階引き出して、りゅうずを右に回すとオフからオンに、左に回すとオンからオフに切り替えられる。

 時刻合わせはスマートフォンと連動させれば、スマートフォンの時刻が自動で反映されるので、基本的にはEco-Drive Riiiver本体でする必要はない。飛行機でのフライト中などスマートフォンとの連携ができないときに時刻を合わせたい場合のみ、りゅうずを使えばオーケーだ。

前へ 1 2 3 次へ