このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

新車を買った情報2019 第5回

マツダ ロードスターRFは氷点下25度で生きていけるのか

2019年02月23日 12時00分更新

文● 四本淑三、編集●西牧

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 まだ2月だというのに3月末の雪解けのような陽気でして、傷んだ道路は泥水だらけ。歩行者に水をぶっかけやしないか、穴にハマってタイヤがバーストしやしないか。そんなことを気にしなければならない季節になってしまいました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。「新車を買った情報2019」。私は四本淑三でございます。

 今回も話題の中心はロードスターRFなんでありますが、つい先週までは強烈な寒波が停滞しておりまして、うちの近所でも最低気温はマイナス25度、最高気温もマイナス10度より上がらないという日々が続いておりました。

 ところが我が家は貧乏なもので、カーポートもガレージもございません。露天駐車のクルマにとっては過酷な毎日でありまして、朝になるとクルマはパキンパキンに凍っているのであります。

 こうなりますと素手でドアノブを触るとくっついて離れないから大変であります。雪が降って積もっても、それが融けてサイドシルやホイールハウスからつららが下がる。

 そんなある朝、クルマに乗り込んで天井を見上げると、あな恐ろしや。

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ