このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

石川温のPCスマホニュース解説第32回

docomo withか店頭割引か、それが問題だ:

ドコモで安い「iPhone 7」「iPhone XR」どっちが買い?

2019年02月20日 09時00分更新

文● 石川温

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月19日、NTTドコモがdocomo withの対象機種にiPhone 7(32GB)を追加すると発表した。iPhone 7といえば、iPhoneで初めてFeliCaを搭載し、SuicaやiD、QUICPayが使える機種だ。また防水、防塵にも対応するなど、日本市場にとてもマッチした名機。そのiPhone 7がdocomo withで毎月1500円引きで使えるとはかなり魅力だ。機種代金は月額1782円の24回払い、総額4万2768円だ。

 ただ、最近、街を歩くと、ケータイショップでやたらと高額な割引額が記載されたポスターが目立っている。

 特に注目なのがiPhone XR。「一括ゼロ円」だったり「9万1800円割引」など、「当店独自キャンペーン」と称した割引販売が横行しているのだ。

 「あれ、キャッシュバックとか高額な割引って規制されているはずでは?」

 と思った人も多いだろう。

 確かに総務省によってキャッシュバックや一括0円販売は規制されつつある。しかしそれはキャリアに対しての規制であり、販売代理店は対象外とされている。ケータイショップのポスターを見ると、一括ゼロ円の横に「当店独自キャンペーン」と書かれている。つまり、これは「うちのお店が独自にやっているキャンペーンであり、キャリアは関係ありませんよ」という「言い訳」みたいなものなのだ。

 ただ、この状況を総務省は問題視しており、将来的には「販売代理店を届出制にしよう」という準備が進んでいる。まもなく国会で法整備が始まり、秋には施行されるのではないかと見られているだけに、こうした高額な割引で買えるのは今のうちだけになりそうだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン