このページの本文へ

2月19日~22日開催「サービス産業向け次世代技術EXPO/キャッシュレスTech」

すかいらーく創業者・Amazonが語るサービス産業の未来とキャッシュレス最前線

2019年02月13日 11時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 HCJ三展合同事務局は、企画展示「サービス産業向け次世代技術EXPO/キャッシュレスTech」を開催する。場所は東京ビッグサイトで、期間は2月19日から22日まで。

外食産業の大家による講演も展開
「サービス産業向け次世代技術EXPO」

 サービス業が抱える「業務効率化」「人手不足」「インバウンド需要対応」などの課題を、2020年に向けて期待されるビッグデータやAIなどの次世代技術で解決すべく「サービス産業向け次世代技術EXPO」を実施する。

 展示は、調理ロボットや食器ハンドリングロボットなどの厨房関連商品、チャットボットやQRコード発行サービスなどの受付関連商品、クラウドサービスやクラウド型ソリューションなどの経営支援商品など多彩な内容となっている。

 注目企画として、未来のサービス業ロボットを紹介する、コンセプトロボット展示エリア「ロボットビジネス支援機構(RobiZy)」も登場。製品や提供サービスを実際に目で確かめながら、最新技術に触れることができる。

ロボットビジネス支援機構(RobiZy)イメージ図

 セミナーでは、ロボット活用の具体例、ロボット導入の話題性と実用性のジレンマなど生々しい内容の講演を予定。また、AI導入・データ活用によるおもてなし向上戦略、ITを活用したオペレーション改革など、経営戦略にかかわるテーマにも注目だ。

 そして、すかいらーく創業者の1人である外食産業の大家、高倉町珈琲 代表取締役会長 横川 竟氏による講演「これからの外食産業の経営のあり方とシステム化」では、なぜロボティクスを導入するのか、何のためにシステム化をするのか、という問いに対し、顧客目線の本質論を語る必見のセミナーなどが予定されている。

高倉町珈琲 代表取締役会長 横川 竟氏

決済端末やアプリを実際に体験して比較できる
「キャッシュレスTech」

 また特別展として開催される「キャッシュレスTech」は、諸外国に遅れをとっているキャッシュレス社会の実現を支援するため、関連技術・サービスが一堂に集まる専門展示会となる。

 展示では、さまざまな決済サービス、アプリがあるなかで、自社にとって何を選ぶべきか迷っている事業者に向けた、複数社比較ができる場を提供。実際に決済端末やアプリを体験できるのが魅力となっている。

 注目企画としては、QRコード決済をしたことがないユーザーでも気軽に利用できる、Amazon Payによる「キャッシュレスカフェ」を会場に用意。Amazonアカウントがある場合はすぐに利用可能。現金での利用も可能なので、気軽に足を運んでほしい。

キャッシュレスカフェイメージ図

定員間近のセミナー多数
両企画展示で全20セッションを実施

 両企画展示で実施する全20セッションのうち、1月末時点で満席になったのは、「キャッシュレス化の付加価値とは?QRコード決済標準化のメリットと最新動向」「キャッシュレス化から広がる顧客データ活用による新たな戦略」の2セッション。いずれもキャッシュレスの今後の動向を探る内容だ。

 定員間近のセミナーは以下の通りだが、人気のあるテーマは、ポイント還元などの目の前の利益ではなく、オペレーション改革・付加価値提供・ビジネスの成長という、キャッシュレス化を活用して経営改革を促進させたいという来場者の意向が感じ取れる。興味のある方は早めのエントリーをオススメする。

「Amazon Payが実現する「コネクテッド・コマース」の世界とは」

アマゾンジャパン Amazon Pay事業本部 本部長 井野川 拓也氏

「ITを活用したオペレーション改革、訪日外国人対応、キャッシュレス」

テン コーポレーション 代表取締役社長  村松益次氏

「店舗利益を拡大しながら付加価値を提供、キャッシュレス化から見えるサービス産業の未来」

日本キャッシュレス化協会 専務理事   高木 純氏

「サービス産業×IT・キャッシュレスでビジネスを伸ばす仕掛けとは?」

セカンドファクトリー 代表取締役/   ブエナピンタ 代表取締役 大関興治氏

 また、デジタルコインを利用した自治体の事例、指紋認証サービスを活用した地域観光の取り組みなど、先端技術を先駆者的に取り入れた実証実験の内容や結果の紹介もあり、これからキャッシュレス化に取り組もうとしている来場者にとっては貴重な情報提供となるだろう。

サービス産業向け次世代技術EXPO/キャッシュレスTech

会期:2018年2月19日~22日 10時~17時(最終日は16時30分まで)
会場:東京ビッグサイト 東7ホール
主催:一般社団法人日本能率協会/一般社団法人日本ホテル協会/一般社団法人日本旅館協会/一般社団法人国際観光日本レストラン協会/公益社団法人国際観光施設協会/公益社団法人日本給食サービス協会/一般社団法人日本弁当サービス協会/公益社団法人日本メディカル給食協会/一般社団法人日本厨房工業会
入場登録料:3000円
※招待状持参者・事前登録者は無料
同時開催展:HCJ2019(東1~7ホール)、
     ・第47回 国際ホテル・レストラン・ショー
     ・第40回 フード・ケータリングショー
     ・第19回 厨房設備機器展
インバウンドマーケットEXPO 2019
オリジナル商品開発WEEK
山の恵みマッチング

(提供:日本能率協会)

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ