このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第176回

EECへの登録を確認:

アップル新型iPadはやはり実在するか

2019年01月28日 20時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは新しく3種類のiPadをユーラシア経済委員会(EEC=Eurasian Economic Commission)に登録した。印メディアMySmartPriceが1月25日に報じた。

 MySmartPriceによると、登録が確認されたのはA2123、A2124、A2126、A2133、A2152、A2153、A2154の7モデル。モデルナンバーの並びから考えるに、3種類のiPadが登場するものと思われる。

 新型iPadについては、iPad(第7世代)とiPad mini 5が発売されるとのうわさだ。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中