このページの本文へ

篠原修司のアップルうわさ情報局第180回

拡張現実(AR)体験を改善:

アップル2020年iPhoneは背面カメラも3D化か

2019年02月01日 08時00分更新

文● 篠原修司

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
アップルはiPhoneのウリをARに

 アップルは来年の2020年に発売するiPhoneの背面カメラに、高性能な3Dカメラを搭載する。米ブルームバーグが1月31日に報じた。

 ブルームバーグは関係者からの話として、3D背面カメラは端末から最大4.5メートル離れた位置でも作動させるためシステムにレーザースキャナーを採用すると紹介。

 これによりiPhone上での拡張現実感を強化し、より正確な奥行き知覚と仮想オブジェクトの配置を可能にするという。

 また、ブルームバーグは2020年のiPhoneはアップルが同年発売を計画しているARヘッドセットの先駆けになる可能性があるとも伝えている。


筆者紹介:篠原修司

1983年生まれ。福岡県在住のフリーライター。IT、スマホ、ゲーム、ネットの話題やデマの検証を専門に記事を書いています。
Twitter:@digimaga
ブログ:デジタルマガジン

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中