このページの本文へ

CES 2019レポート第37回

バーチャルキャラクターが車内に出現する

日産、CESでAR活用の運転支援技術「Invisible-to-Visible(I2V)」を発表

2019年01月21日 17時30分更新

文● Mogura VR

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日産自動車(以下、日産)は1月4日、「CES2019」にてAR(拡張現実)を用いてドライバーに見えないものを可視化させる技術「Invisible-to-Visible(I2V)」を発表した。本技術では車の周囲状況や前方予測情報をドライバーに提供するほか、ガイドするアバターを車内に出現させることが可能となっている。

 I2Vでは日産の自動運転技術「SAM(Seamless Autonomous Mobility)」と「プロパイロット」、車の室内センサーの情報を統合する「Omni-Sensing(オムニ・センシング)」技術が活用されている。車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合することで、周囲の状況や前方の予測、建物の裏側やカーブの先の状況をARで表示できるという。また、I2Vでは運転の楽しさを向上させるため、3Dアバターが車内に現れるなどして、人間同士が双方向コミュニケーションしているかのように運転をサポートするとのこと。

カテゴリートップへ

この連載の記事

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!