このページの本文へ

仮想空間で出会った誰かのアバターを助手席に乗せてドライブ

日産とドコモ、自動車で5G通信を使った「見えないものを見る技術」実験

2019年03月12日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Invisible-to-Visible技術

 日産自動車とNTTドコモは3月12日、第5世代移動通信方式(5G)を用いて「Invisible-to-Visible(I2V)」技術を走行中の車両で活用する実証実験を開始したと発表した。

 I2Vとは、車内外のセンサーが収集した情報とクラウド上のデータを統合、クルマの前方や建物の裏側、カーブの先の状況など通常では見えないものをドライバーの視野に映し出すことを研究している。また、I2VではVRとARを活用し、仮想空間メタバースを介して人とクルマをマッチング。遠隔地にいる人を車室内に3Dアバターとして登場させるといった新しいドライブ体験の共有を想定している。

実証実験では横須賀市にある日産のテストコースにて、遠隔地にいる人を日産「NV350キャラバン」の車内に出現させて車内のユーザーと会話しながらさまざまな情報提供を行なう

 実証実験では車内のユーザーと遠隔地にいるユーザーが、互いにリアルな存在感や同乗感覚を得るために必要な情報提供方法(ユーザーインタフェース)やインタラクティブなコミュニケーションの有用性などを評価・確認する。また、車外から車内へのアバターの伝送、および、車内の状況を車外で確認する俯瞰映像の伝送をリアルタイムで行なうため、ドコモの5G通信を活用。

カテゴリートップへ

絶叫&興奮!「VR ZONE SHINJUKU 」をアスキー軍団が全力体験

VR体験動画一覧はこちら!