このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート第23回

Razer SynapseがAlexaと連携、RTX 2080 Max-QのRTX 2080搭載ノートも展示

CESのRazerブース、ハプティクス搭載のコンセプトモデルやソフトウェア新機能が面白い

2019年01月10日 20時45分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
CES 2019のRazerブースをみてきた

 Razerは、1月8日より開催中のCES 2019に出展。GeForce RTXシリーズを搭載するゲーミングノートパソコンや、ゲーミングデバイスのコンセプトモデルなどが展示してあった。

ガルウィングのようにパネルが開く「Razer Tomahawk」に
Razer初のディスプレー「Razer Raptor」が展示

「Razer Tomahawk」

 ブースの中心にありひときわ目立っていたのが、サイドパネルがガルウィングのようにひらくPCケース「Razer Tomahawk」。ケース内には水冷用のタンクが見えており、Razerらしく緑色のクーラント液を入れたくなる。

緑色のクーラント液を入れたくなるタンク

 続いて目に留まったのが、同社初のディスプレーとなる27型ディスプレー「Razer Raptor」。HDRのほか最大144Hzに対応し、解像度は2560×1440ドット。AMDのディスプレー同期技術「FreeSync」にも対応する。

同社初となるディスプレー「Razer Raptor」。台座がレインボーに光っている

 およそ2.3mmの狭額ベゼルを採用するほか、Razer製品らしく台座に「Razer Chroma」対応のLEDを搭載し、カラフルに光る。ケーブル類はRazerカラーの緑を採用し、スタンド背面にくぼみをつくることで、そのケーブル類がスッキリと収まっている。また、ディスプレーは水平になるまで傾けられ、ディスプレーの背面にある端子に正面からアクセスできるようになっているのも特徴だ。

狭額ベゼルでスッキリとした印象
スタンド背面をはうように綺麗にまとまっている緑色のケーブル
ディスプレーは水平になるまで傾けられる
ディスプレー背面のインターフェースに正面からアクセス可能

GeForce RTX搭載モデルなど、Razerのノートパソコンがズラリ

GeForce RTX 2080 Max-Q Desigを搭載した「Razer Blade 15」

 PCゲーミング界隈でCES 2019で注目すべき発表は結構あったが、GeForce RTX 2060とモバイル向けGeForce RTX 20シリーズの登場もその1つだろう。Razerも15.6型ノートパソコンでGeForce RTX 2080 Max-Q Desig/GeForce RTX 2070 Max-Q Design/GeForce RTX 2060が選択できる「Razer Blade 15」を展示。

 ディスプレーは144HzでフルHDと、60Hzで4Kのモデルが選べる。サイズはおよそ幅355×奥行235×高さ17.8mmで、重さは最軽量時は約2.07kgからとコンパクトに収まっているのも特徴だ。

そのほか、日本では販売していないホワイトの本体カラーが特徴的なベースモデルも展示
GeForce MX150/CPU内蔵グラフィックスを採用するモバイルゲーミングノートパソコン「Razer Blade Stealth 」も展示

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン