このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

CES 2019レポート 第19回

クアルコムは5Gと自動車に力を入れる

2019年01月10日 11時59分更新

文● 折原一也 ●編集 ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

5Gのチップセットや
第3世代の車載用プラットフォームを発表したクアルコム

 クアルコムはCES 2019にてプレスカンファレンスを開催。5G、Wi-Fi 6、オートモーティブの分野を中心に、同社の最新の取り組みを発表した。プレスカンファレンスの内容とCES 2019会場内のクアルコムブースの出展内容を紹介していこう。

5Gの宣言で始まったクアルコムのプレスカンファレンス

Snapdragon 855+X50による
5G対応モデルは30機種以上に到達

 プレスカンファレンスの冒頭として語られたのが、商用化を間近に控えた5Gサービスに対応するクアルコムの最新チップの採用状況だ。Snapdragon 855と5G対応モデムのSnapdragon X50を組み合わせたものを採用した端末が、2019年に30種類以上が発売予定と発表。そのほとんどがクアルコムのRFフロントエンド(RF Front End、RFFE)ソリューションを搭載し、6GHz帯以下のSub-6と、28GHz帯などのミリ波に両対応として登場する。

CES 2019のブース内にも基地局を設置して5Gをデモ

5G回線を利用して映像をストリーミング配信

左からOPPO、vivo、Xiaomiの5G対応端末を初披露

 クアルコムの取り組んでいるWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)についてはRuckus、Huawei、H3C、NEC、EnGenius、Charter Communications、Calix、KTに加えて、NETGEAR社がWi-Fi 6ネットワーキングプラットフォームを採用したとのこと。

Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)も採用拡大を発表

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画