このページの本文へ

CES 2019レポート第1回

スキー用品ブランド「Reine Deer」とコラボも

スキー専用センサーモジュール「SKI-1」、リアルタイムに滑走データを記録

2019年01月07日 06時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SKI-1(スキーワン)」

 Cerevoは1月6日(現地時間)、同社のスポーツ用品ブランド「XON(エックスオン)」の新ラインアップとして、スキー専用センサーモジュール「SKI-1(スキーワン)」を発表した。1月8日より開催される「CES 2019」に展示予定。発売は来冬シーズンを予定している。

 SKI-1は、LTEモジュールと各種センサーを搭載したスキー板用センサーもジュール。SKI-1が計測した各種センサーデータは、XONシリーズ第1弾製品「SNOW-1」と同様に、スマートフォンやクラウドと連携してリアルタイムに滑走データを記録し、スマートフォンアプリで確認できる。グラフィカルに可視化することで、自分の滑走の振り返りが可能だ。

 加えて、GPSとLTEモジュールを搭載し、万が一紛失した場合でもスキー板の位置情報を定期的に発信するので、現在位置を特定できる。センサーは、6軸センサー、GPS、足部荷重センサーを内蔵。通信はBluetooth 4.1(Low Energy)、セルラーネットワーク(LTE)に対応する。防水性能はIPX4相当。充電方法は、Qiによる無線給電に対応する。

スキー用品ブランド「Reine Deer」とコラボ。写真のスキー板は、右の板は金箔地に風神雷神、左は獅子の絵柄や螺鈿を採用。漆の技術を⽤いて施している

 また、SnowSnowの手掛ける「日本の匠の技」を取り入れた木造スキー板などを販売する総合スキー用品ブランド「Reine Deer」へセンサーモジュールとしてSKI-1を提供し、コラボレーションすることも発表。CES 2019では、SKI-1に加えReine Deerのスキー板も展示予定だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン