このページの本文へ

組みたい自作PC構成まるわかり!! 第33回

【今月の自作PCレシピ】OS込み30万円で組むハイエンドゲーミングPC

2018年12月29日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ゲーマースタッフが選んだOS込み30万円のパーツ構成

 アークのスタッフたちが厳選したゲーミングPCは、「GeForce RTX 2080」搭載ビデオカードのMSI「GeForce RTX 2080 GAMING X TRIO」をはじめ、RTX 2080のボトルネックとならず、ゲームパフォーマンスでは8コア16スレッドCPU「Core i9-9900K」に劣らないパフォーマンスを発揮する8コア8スレッドCPUの「Core i7-9700K」をチョイス。冷却性能と静音性に定評のあるNoctua製大型空冷CPUクーラー「NH-D15」、NVMe M.2 SSDとHDDのデュアルストレージ、組みやすいシックなデザインのロングセラーPCケースなどで構成している。

 ちなみにCPUによるゲーミングパフォーマンスの違いは、【物理8コアの9900K&9700Kは真のRyzenキラーになるか!?第9世代Core全3モデルを徹底ベンチマーク】の3ページ目以降を参照してもらえば、一目瞭然だ。

GeForce RTX 2080やCore i7-9700Kで構成したゲーミングPC構成

ゲーマースタッフが選んだOS込み30万円のパーツ構成
CPU インテル「Core i9-9700K」
(8コア/8スレッド、定格3.6GHz、最大4.9GHz、TDP95W)
4万7667円
CPUクーラー Noctua「NH-D15」
(150mmファン搭載サイドフロークーラー)
1万1295円
マザーボード ASRock「Z390 Phantom Gaming 6」
(LGA1151、Z390、ATX)
2万4980円
メモリー Corsair「CMK16GX4M2A2666C16」
(DDR4-2666、8GB×2枚)
1万5325円
SSD ウエスタンデジタル「WD Black NVMe 500GB(WDS500G2X0C)」(500GB、NVMe M.2) 1万6463円
HDD Seagate「BarraCuda 4TB(ST4000DM004)」 8010円
光学ドライブ   なし
ビデオカード MSI「GeForce RTX 2080 GAMING X TRIO」
(GeForce RTX 2080、GDDR6 8GB)
10万9800円
PCケース CoolerMaster「CM 693 III(CMS-693-KKN1-JP)」 1万2000円
電源ユニット Seasonic「SSR-750FX」(80PLUS GOLD 750W) 1万7204円
OS Windows 10 Home リテール版 1万4614円
小計(税抜)   27万7358円
消費税(8%)   2万2188円
総額(税込)   29万9546円

※価格は12月24日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中