このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第492回

我が家の4台目のスマートスピーカーは画面付き! 「Amazon echo spot」を衝動買い

2018年08月01日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
従来のAmazon echoに加えて2.5インチ液晶によるアプリの可用性が期待される 従来のAmazon echoに加えて2.5インチ液晶によるアプリの可用性が期待される

 基本的に、趣味の方向性が一致して、発売に気がついている限り、新しいガジェットは必ず自腹で購入するのが本連載のポリシーだ。

 過去、「Google Home」は発売日、「Amazon echo」はAmazonの“招待”にまったく当たらず、知人の買ったモノを譲ってもらった。そして招待の来た「Echo Dot」は購入後一度使ったきりで速攻で娘にプレゼントした。

 そして今回、発売日に予約して購入した「Amazon echo spot」が我が家では4台目のスマートスピーカーとなる。

 知人の中には、先行して発売開始されたモデルを米国で購入し、いち早くユーザーとなった人もいる。

画面付きスマートスピーカー「Amazon echo spot」

筆者宅のキッチンカウンターにはではGoogle Home(右)とAmazon echoが並んで競っている。メインユーザーは私ではなく、オタクでもないはるかに厳しいワイフだ 筆者宅のキッチンカウンターにはではGoogle Home(右)とAmazon echoが並んで競っている。メインユーザーは私ではなく、オタクでもないはるかに厳しいワイフだ

 一言でecho spotを表すならば“液晶タッチ画面付きのecho”だ。我が家では先行導入したGoogle HomeとAmazon echoの2台が仲良くリビングダイニングのカウンターに並んで配置されている。場所柄、よく使ってるのは私ではなくワイフなのだ。

 両者の使い勝手や評判をワイフに聞くと、いずれも芳しくない。「どっちもおバカだ」というのが総評のようだ。そういう理由で、最近、ワイフは以前使っていたスマホのGoogleアシスタントに戻っているらしい。

家族からは液晶が付いただけで、echoと出来は大差ない目覚まし時計みたいなのを懲りずに買っている、と見られている
家族からは液晶が付いただけで、echoと出来は大差ない目覚まし時計みたいなのを懲りずに買っている、と見られている

 そんな家庭環境にありながら、今回は液晶画面が付いているので今までとは違う! という独りよがりの希望的観測で、実際にはそれほど過去の2台と変わらないよく似たスマートスピーカーをポチってしまった。もちろん家族からはかなり冷めたクールな目で見られているようだ。

 初物はデリバリーが危ういことも多いAmazonだが、echo spotはさすがに自社の製品でもあり、当初の約束通り7月26日に配達されてきた。

最初は本体だけを買おうと思ったが、目覚まし時計と大差ない、と思われるのもしゃくなので……
最初は本体だけを買おうと思ったが、目覚まし時計と大差ない、と思われるのもしゃくなので……
オプションのスタンドも同時購入。マグネットでecho spotを安定してホールドし、底面はラバーでより安定して設置できる この角度から見ればecho spotは、エーロ・アールニオがデザインしたボールチェアにうりふたつだ
オプションのスタンドも同時購入。マグネットでecho spotを安定してホールドし、底面はラバーでより安定して設置できるこの角度から見ればecho spotは、エーロ・アールニオがデザインしたボールチェアに瓜二つだ

 最初は、本体だけを買おうと考えていたが、あまりにもありきたりな目覚まし時計みたいだったので、オプションのスタンドも一緒にポチった。

 しかし、スタンドを取り付けたホワイトのecho spotは、今度はフィンランド人デザイナーであるエーロ・アールニオが1963年にデザインした「ボールチェア」にそっくりになってしまった。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン