このページの本文へ

「Object Markup Language」を技術者向けにオープンフォーマットにて公開

VR/ARに向けた新マークアップ言語「OML」公開

2017年09月28日 13時55分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Cynackは9月27日、VR/ARでの閲覧に最適な3D情報を表記するための最も簡易的な新マークアップ言語「Object Markup Language(OML)」を、技術者向けにオープンフォーマットにて公開したと発表。

 OMLは、JSONをベースとしたフォーマットで、現状登録されているCube(立方体)、Cylinder(円柱)、Sphere(球)、Plane(平面)、Text(文字)などの基本的なオブジェクトに加え、音声ファイルや3Dモデルを読み込んでオブジェクトとして使用することが可能となる。それらのオブジェクトにさまざまなプロパティーを追加して、3D空間内での表現の幅を広げることもできるという。

 OMLのフォーマットはCynackが主導して、開発者コミュニティーとともにGitHubや公開Trelloボードを使用したオープンな体制で開発していくという。将来的にはJavaScriptなどの言語も追加し、より複雑な処理・表現ができるようにするとしている。

 また、Cloud上で動作するチュートリアル開発環境と作成したファイルを閲覧できるViewerも合わせて提供。開発者がいち早く使用感を把握するための環境整備に努めていくという。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ