メルマガはこちらから

PAGE
TOP

カプセル型種子キット「foop capsule」発売開始

手軽に始められるデスクトップ家庭菜園に野菜3種が登場

foop capsule

 アドトロンテクノロジーは8月22日、IoT水耕栽培機「foop」に使用できるカプセル型種子キット「foop capsule」を発売した。

 foopは照明や各種センサーを搭載する水耕栽培のユニットで自動的に生育に必要な環境を整えるほか、スマホと連動して手入れや収穫時期を通知する。

foop capsule(左)およびfoop(右)

 foop capsuleはfoopにセットする野菜の種子と栄養液がセットされたカプセル。 「いろどりレタス」、「ベビーリーフ」、「ルッコラ」の3種がラインアップし、価格はいずれも10個セットが1620円、5個セットが1080円。foop本体は5万2380円より。

■関連サイト

IoT/ハードウェアのスタートアップ・キーマンが集う体験展示+カンファレンスイベントの第4回
IoT&H/W BIZ DAY 4 by ASCII STARTUP

 2017年8月28日(月)にベルサール飯田橋ファーストにて、ハードウェアやIoTプロダクト関連のスタートアップ関連事業者から大手企業まで、toB・toCを問わない、ビジネスカンファレンス&ブース展示の交流イベントを行ないます。カンファレンスセッションと無料の展示ブース入場チケットはお申し込み絶賛受付中です!
■■イベントの参加登録はコチラから!イベントレジストPeatix■■

編集者のオススメ記事