このページの本文へ

ASRock「H110 PRO BTC+」

最大13枚のVGAが搭載できるマイニング専用マザーがASRockから発売

2017年07月07日 22時28分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイニング向けマザーボードを積極的に展開するASRockから、最大13枚のビデオカードを搭載可能なLGA 1151対応マザーボード「H110 PRO BTC+」が発売された。

最大13枚のビデオカードを搭載可能なLGA 1151対応マザーボード「H110 PRO BTC+」。チップセットは最新のKaby Lake世代に対応するH110を採用する

 「H110 PRO BTC+」は、PCI Expressスロットを13本搭載するATX対応のマザーボード。COMPUTEX 2017でも、8枚のビデオカードを接続してマイニングデモを実施。来場者の注目を集めていたモデルだ。

PCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×5(ブラック)、PCI Express(2.0) x1×7(ホワイト)という構成の「H110 PRO BTC+」。4ピンペリフェラルコネクターやオンボード電源とリセットスイッチも備えている

 拡張スロットは、PCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×5(ブラック)、PCI Express(2.0) x1×7(ホワイト)という構成。このうちブラックスロットはエッジフリータイプ、ホワイトスロットはATXケースの場合、ケースの拡張スロットに固定できない。もっともマイニングでの利用を想定したマザーボードのため、あまり関係ないかもしれない。

あくまでマイニング向けのスロット構成のため、PCケースに搭載した場合は使えないスロットがある

 スペックを確認しておくと、チップセットは最新のKaby Lake世代に対応するH110。メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-2400/2133、最大32GB)。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(intel I219V)や、サウンド(Realtek ALC887 8CH HD Audio)、M.2×1、SATA3.0×4、USB 3.0×4、USB 2.0×6。グラフィックス出力にDVD-Dを装備する。

 価格は1万5984円。パソコンショップアーク、ドスパラ パーツ館、パソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中ながら、一部ショップではすでに完売している。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中