このページの本文へ

BIOSTAR「TB350-BTC」

Ryzen対応のマイニング特化マザー「TB350-BTC」がBIOSTARからデビュー

2017年07月01日 23時43分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 BIOSTARから、最大6枚のビデオカードが搭載できるSocket AM4対応マザーボード「TB350-BTC」が登場。パソコン工房秋葉原BUYMORE店で販売中だ。

最大6枚のビデオカードが搭載できるSocket AM4対応マザーボード「TB350-BTC」。マイニングとして使うにはビデオカードやライザーが別途必要

 「TB350-BTC」は、BitCoinに代表されるマイニング向けPCに特化したマザーボード。拡張スロットは、PCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(3.0) x1×2、PCI Express(2.0) x1×3という構成で、最大6枚のビデオカードを搭載できるようになっている。なお、基板上にはビデオカード用に2基の4ピンペリフェラルコネクターを実装済み。

最大6枚のビデオカードを搭載可能な「TB350-BTC」。Ryzen対応のマザーとしては初登場だ

 そのほか主なスペックは、メモリーは、DDR4 DIMM×2(DDR4-3200(OC)/2933(OC)/2667/2400/2133/1866、最大32GB)。オンボードインターフェースとして、ギガビットLAN(Realtek RTL8111H)や、サウンド(Realtek ALC887)、SATA3.0×4、USB 3.1×5、USB 2.0×6。グラフィックス出力にDVD-Dを装備する。

 価格は1万2722円。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中