前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

ゲームやクリエイティブの用途に合うレシピで自作を楽しもう

ASRock「DeskMeet B660」で自作に挑戦! ライトゲームも軽めのクリエイティブ作業も快適な自作レシピをお届け

文●藤田 忠 編集●市川/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

PC自作初心者でも組みやすい構造

 容量8リットルの小型筐体に、ビデオカードを搭載できる高い拡張性を備えるASRockのベアボーンキット「DeskMeet」シリーズ。制限はあるがAMD Radeon RX 6600 XTや、NVIDIA GeForce RTX 3060 Tiといったミドルハイクラスのビデオカードも搭載でき、PCI Express 4.0×4動作をサポートした2基のM.2スロットと最大128GBまで搭載できる4スロットのDDR4メモリースロットなど、スペックに不足なし。

 ゲーミングから、マルチディスプレー、液晶タブレットを組み合わせた写真&動画編集やお絵描きなどのクリエイティブまで、さまざまなシーン向けの小型PCを組める。そのうえ、いま旬となるインテル CPU向けの「DeskMeet B660/B/BB/BOX/JP」で3万4000円前後、コストを抑えられるAMD CPU向けの「DeskMeet X300/B/BB/BOX/JP」が3万円前後と、手ごろな価格帯になっている。

 今回は、「DeskMeet B660/B/BB/BOX/JP」をベースに、「VALORANT」や「Apex Legends」といった人気のライトゲームに、RAW写真の現像、編集といった軽いクリエイティブ作業をスムーズに行なえ、OS別で8万円台に抑えたレシピを紹介していこう。

DeskMeetの基本を復習

 まずはボード長200mmの2スロット占有ビデオカードや、全高54mmまでのCPUクーラー、500WのATX規格電源ユニットなどのスペックを8リットルの小型筐体に詰め込んでいる「DeskMeet」の魅力を復習していこう。

 立方体に近い筐体のサイズは幅168×奥行き236.1×高さ221.6mm(突出部を含む)で、液晶ディスプレー横に設置して十分使える。今回ベースにする「DeskMeet B660/B/BB/BOX/JP」には、インテルB660チップセット採用の専用設計マザーボード「B660-ITX」を搭載している。6フェーズの電源回路を備え、TDP 65Wの第12世代インテルCoreプロセッサーをサポート。Core i9-12900Fまで、数多くのCPUがASRockのサポートリストに掲載されている。

「DeskMeet」は、容量8リットルの小型筐体にASRockのこだわりを満載している

ビデオカード向けにPCI Express×16スロットを装備。2スロット、ボード長200mmまでのビデオカードを搭載可能だ

全高54mmまでのCPUクーラーを搭載でき、Corei3/i5/i7の一部に付属している純正CPUクーラー「Laminar RM1」も問題なく搭載できる

Noctua「NH-L9I-17XX」など、全高54mm以下のCPUクーラーはいくつかあるので、冷却強化も可能だ

コストを抑えられるDDR4メモリーに対応。最大で128GBまで搭載できる

6フェーズの電源回路を搭載しており、TDP 65WのLGA1700 CPUをサポートする

MOSFETにはVichay「SiC634」を実装する

8ピンCPU電源コネクターを採用する

 USBインターフェースは、Type-Cを含め、フロントに5ポート装備と充実している。USBメモリーや光学ドライブなどの日常使いのデバイスに加え、プレイするゲームに合わせたゲーミングデバイスを接続するのにも困らない。リアインターフェースにも、4ポートを備えているので、キーボード/マウスに、ウェブカメラやマイクといったテレワークや動画配信で使うデバイスも常時接続できる。

5基のフロントUSBポートは、使い勝手抜群だ

 そのほか「DeskMeet B660/B/BB/BOX/JP」には、さまざまな用途の機能が備わっている。

Wi-Fiカードを追加できるM.2 Key Eソケットを備える

マザーボード裏面には、データ用M2 SSDを搭載できる2基目のHyper M.2ソケットを装備する

底面ネジを1つ外すだけで、マザーボードが固定されているフレームを引き抜ける。PC自作初心者も手軽に組める

DeskMeet B660のスペック
型番 DeskMeet B660
CPUソケット LGA1700 最大TDP65W
チップセット インテルB660チップセット(B660-ITX)
メモリースロット DIMM×4、DDR4-3200MHz、128GB
ストレージ拡張端子 SATA3×3、Hyper M.2ソケット×2(PCIe4.0/SATA3.0×1、PCIe4.0×1)
有線LNA ギガビットLAN
無線LNA M.2 Key Eソケット×1
インターフェース(フロント) USB3.2 Gen1 Type-C×1/Type-A×1、USB2.0×2、ヘッドホン/マイク×1
インターフェース(リア) USB3.2 Gen1 Type-A×2、USB2.0×2、オーディオジャック×3
ディスプレー出力端子 HDMI×1、DisplayPort 1.4×1、D-Sub×1
本体サイズ 幅168×奥行き236.1×高さ221.6mm(突出部を含む)
電源ユニット 80PLUS Bronze 500W
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

過去記事アーカイブ

2024年
01月
02月
2023年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2022年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2021年
01月
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月