このページの本文へ

コミュニケーションロボBOCCOがAPI提供 追加サービス開発が可能に

2016年09月01日 17時00分更新

文● ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インターネット経由で音声やメッセージを自宅設置のロボとスマホアプリ間でやり取りできる家族間のコミュニケーションロボット『BOCCO』に、開発者が機能を追加できる“API”を試験的に提供すると、開発・販売元のユカイ工学が2016年9月1日に発表した。BOCCOユーザーの利便性の向上を目指して、プラットフォーム活用の可能性を広げることが目的。

 提供APIはBOCCOの“喋らせる機能”と“録音された音声の利用”。またBOCCOに付属するドアの開け閉めを知らせるドアセンサーや、今後開発するセンサー情報も利用可能だ。現在、“BOCCO ベータAPI 申し込み”を開設して、個人・法人問わず開発者の応募を募集している。

 APIの提供により、天気などの外部情報や電気使用量などの自宅情報をBOCCOに自由にしゃべらせるといったメッセージング以外の活用が可能になるとしている。

■関連サイト
BOCCO
BOCCOベータAPI 申し込みサイト

カテゴリートップへ

注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
STARTUP×知財戦略バナー
IoTイベント(300x100)
ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム
アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ