このページの本文へ

柳谷智宣の「スタートアップDive!」番外編

アスキーがスタートアップイベント開催!「Jublia」で人脈をつかもう!

2016年08月10日 06時30分更新

文● 柳谷智宣 編集●北島幹雄

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月26日(金)の11時~18時にて、飯田橋近くのKADOKAWA富士見ビルにて、IoTやハードウェアのスタートアップが集まるイベントが開催される。そこでは、参加者同士のビジネスマッチングをサポートする「Jublia」が導入されるとのこと。今回は連載「スタートアップDive!」番外編として、このイベントと「Jublia」について紹介する。

IoT/ハードウェアの最前線に触れられる「IoT&H/W BIZ DAY 2 by ASCII STARTUP」が開催される。写真は第1回目のもの

「IoT&H/W BIZ DAY 2 by ASCII STARTUP」とは

 8月26日(金)に、IoT/ハードウェアのスタートアップやキーマンが勢揃いする特別イベント「IoT&H/W BIZ DAY 2 by ASCII STARTUP」が開催される。20社以上が参加し、カンファレンスやブース展示などが行われる。

 最新のIoT/ハードウェア製品やサービスを実際に会場で体験したり、キーマンのセッションなどを聴くことができる。入場は事前でのチケット制となっており、展示ブースのみであれば無料で、各セッションは1000円、全カンファレンスが自由に聴講できるお得なフリーパスは4000円となる。

IoT&H/W BIZ DAY 2 by ASCII STARTUP
アスキーによるIoT/ハードウェア総合イベント

 オープンは11時となっており、セッションは全部で5回。11時30分からのセッションAは同時に2つの内容が行われる。カンファレンスセッションAでは「開会式~基調講演 日本のモノづくり(ハードウェア)とIoTに関する国家戦略」と「ニッポン放送×Cerevo×グッスマが作る新ハード「Hint」中間報告」を実施。以降、13時からは「新産業を作り始めたB2B IoT成功の鍵とは?」、14時からは「IoTハードウェアスタートアップ 気になる量産化の裏側」、15時からは「日本企業だからできる製造大手が進めるイノベーション新手法」、16時からは「IoT・VRで交わるスタートアップ×マウスコンピューター(仮)」の予定。

 さらに平行して、展示会場では20社以上のブースで最新製品の体験ができる。IT・ものづくり関係者なら見逃せない内容となっている。

qrio walker
3月に第1回が開催され、今回は第2回目! 第1回目に好評だった展示ブースは今回も用意され、スタートアップが多数お目見えする。写真は第1回目のもの

 イベントの先行申し込みをすると、非売品の「ASCII watch」がプレゼントされる。是非ゲットしていただきたい。申し込みはイベントレジストまたは
Peatixから。先行申し込みは8月15日(月)の0時までで、「Jublia」の利用が条件となっている。

 下記、それぞれで順を追って申し込み方法を確認してみよう。

「イベントレジスト」または「Peatix」のページからチケットを購入できるどちらもログインできるようにしておこう。
展示ブースの入場チケットだけの無料でもOKなので、「申し込む」をクリックして名前などの情報を入力を登録する。後半の質問項目の内容は「Jublia」に反映される形Peatixも内容をチェックしたら、「チケットを申し込む」をクリックして情報入力へ
登録完了。イベントレジストの場合は添付PDFでも問題ないそれぞれのチケット用スマホアプリをインストールしておこう
スマホアプリで購入したチケットを確認できるチケットを表示で確認してみよう
アプリではQRコード表示が基本Peatixの場合は、このQRコードが表示された画面を見せて入場すればいい

参加者とのビジネスマッチングをしてくれる
「Jublia」を活用しよう

 本イベントでは、「Jublia」(ジュブリア)というサービスが導入されている。前出の「ASCII watch」をもらう際にも、「Jublia」の利用が前提となっているのだ。「Jublia」はシンガポール発のスタートアップで、イベント向けのビジネスマッチングプラットフォーム。あまり類似のサービスがないためわかりにくいが、カンファレンスなどのイベントで参加者同士をつないでくれるサービスだ。

 ただし、サービスを利用するためには、事前の申し込みが必要。8月15日(月)0時まで申し込んだ場合、「Jublia」が使えるようになるのは、イベント開催1週間前の8月19日(金)からの予定となる。そのときになったらメールが送られてくるので、利用者同士でマッチングしてもらおう。参加者の会社や肩書き、名前などが表示され、どんな人なのかをあらかじめ確認できる。メールアドレスなどは公開されないので、スパムの嵐に遭うようなこともない。イベント当日に現場で会ってみたい人がいたら、アポイントを申し込むことも可能だ。

 イベントに参加してもブースをひと通り回って出るだけではもったいない。参加者も同じ興味を持つレイヤーなのだから、人脈を獲得するにはうってつけのステージだ。片っ端から声をかけるのもさすがに不審がられるので、「Jublia」を使ってビジネス人脈を広げてみよう。

イベントの先行申しでもらえる「ASCII watch」だが、「Jublia」の利用が条件となるので注意すること
申込時に、「Jublia」を利用するに「はい」とチェックを答えておくこと
ここからは画像イメージ。8月19日にメールが届くので「ビジネスマッチングを始める」をクリックする
まずは自分が対応できるスケジュールを登録する
業種や所属などで、商談をしたい相手を探す
商談したい相手がいたら「ミーティングを申し込む」をクリックする

 8月26日の「IoT&H/W BIZ DAY 2 by ASCII STARTUP」はIoT/ハードウェアに興味があるなら必見。「Jublia」を活用し、ビジネスチャンスをゲットしてほしい。

■■IoT&H/W BIZ DAY2参加登録はコチラ!(イベントレジストに遷移)
(Peatixはコチラ)■■

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

ASCII STARTUPウィークリー・レビュー登録フォーム

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ