ASRock「DeskMini 110」

新規格“Mini-STX”対応のASRock製小型ベアボーンが店頭に

文●山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 インテルが提唱する新規格“Mini-STX”フォームファクターのマザーボードを採用するASRock製の小型ベアボーン「DeskMini 110」の販売がスタートした。初回入荷分の売れ行きは好調。注目度は高いようだ。

新規格“Mini-STX”フォームファクターのマザーを採用するASRock製の小型ベアボーン「DeskMini 110」

 Mini-STXフォームファクターは、およそ5×5インチ(140×147mm)サイズで、Mini-ITXの170×170mmよりもコンパクトな基板。さらにCPUはソケット取り付け(LGA1151)に対応するため、よりハイスペックなコンパクトPCを構築できる。

5×5インチ(140×147mm)サイズで、Mini-ITXの170×170mmよりもコンパクト。NUCよりは大きいが、なによりCPUは自由に選択できるのがうれしい

 「DeskMini 110」は、Mini-STXフォームファクターのマザーボード「H110M-STX」(チップセットはH110)を採用するベアボーンで、全体サイズは155(W)×155(D)×80(H)mm。CPUはTDP 65Wまで、クーラーはリファレンスモデルが利用可能だ。

2.5インチストレージとSATAコネクターはマザーボード背面に。拡張性も悪くない

 また、2基のM.2スロットを搭載しており、ひとつはWiFiモジュール向け、もうひとつはPCIe Gen3 x4接続に対応するType2280スロットで、高速タイプのSSDが搭載できる。そのほか2.5インチストレージを2基まで搭載可能(マザー背面)だ。

映像出力は2画面同時出力が可能。やや大きめのAcBel製120W/19VのACアダプターが付属していた

 そのほか、メモリスロットはDDR4 SO-DIMM×2(DDR4-2133/最大32GB)、ギガビットLAN(intel/I219V)。USB 3.0 Type-Cポートを搭載するほか、映像出力はDisplayPort×1、HDMI×1、D-Sub×1で2画面同時出力が可能。付属品として120W/19VのACアダプターが付属する。

VGAの増設はできないが、オンボードGPUも最近はなかなか強力。ゲームをしないPCなら十分なスペックで組めるだろう

 価格は1万6800円。パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.、ドスパラ パーツ館、テクノハウス東映、パソコン工房秋葉原BUYMORE店で販売中だ。

オリオスペックではNoctuaのロープロファイルCPUクーラー「NH-L9i」を搭載したところ、問題なく装着できたとのこと。組む際の参考にしよう

【関連サイト】

過去記事アーカイブ

2020年
01月
02月
06月
07月
08月
09月
10月
2019年
01月
02月
04月
05月
07月
08月
09月
10月
11月
2018年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
10月
11月
12月
2017年
01月
02月
03月
04月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2016年
01月
02月
04月
05月
06月
07月
08月
11月
12月
2015年
02月
04月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2014年
02月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
10月
11月
12月
2013年
01月
05月
06月
07月
10月
11月
12月
2012年
01月
03月
04月
05月
06月
08月
09月
10月
11月
2011年
01月
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
11月
12月
2010年
02月
03月
04月
05月
06月
07月
08月
09月
2009年
04月
08月
10月
2008年
01月
02月
2007年
02月
03月
06月
07月
08月
11月
2006年
02月
03月
05月
06月
07月
08月
09月
2005年
07月
10月
2004年
08月
09月