このページの本文へ

ECS「H110S-2P」

Mini-STXマザー初の単体販売がスタート

2016年09月16日 22時40分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ECSから、Mini-STXフォームファクターに対応するLGA 1151対応マザーボード「H110S-2P」が登場。17日(土)から販売がスタートする。Mini-STXマザーが単体で販売されるのは今回が初めて。

Mini-STXフォームファクターに対応するLGA 1151対応マザーボード「H110S-2P」

 「H110S-2P」は、サイズ147(W)×140(D)mmと170mm×170mmのMini-ITXフォームファクターよりも小さいMini-STX規格に対応するマザーボード。同規格を採用する製品としては、ASRock製の小型ベアボーン「DeskMini 110」がすでに発売されている。

サイズ147(W)×140(D)mmの基板上にLGA 1151ソケットを搭載。好きなCPUを使えるのがポイントだ

 電源は19V ACアダプター(外径5.5mm/内径2.5mm)仕様で製品には付属しないため、別途用意する必要がる点には注意が必要。また対応ケースは、SilverStone製「VT01」が発売済みだ。なお、対応CPUはTDP65WまでのCore i7/i5/i3/Pentium/Celeron。

付属品は専用SATAケーブルとI/Oパネルのみ。動作に必要なACアダプターは自分で調達する必要がある

 主なスペックは、チップセットがH110。メモリスロットはDDR4 SO-DIMM×2(DDR4-2133/最大32GB)、M.2×1(2230/2280)、SATA×1、ギガビットLAN(Realtek/RTL8111H)、サウンド、。USB 3.0 Type-Cポートを搭載するほか、映像出力はDisplayPort×1、HDMI×1。

 価格は9980円(税抜)。パソコンショップアークやパソコン工房秋葉原BUYMORE店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売予定だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中