このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

Officeで始める快適Mac生活 第17回

Excel のショートカットで日常業務の作業スピードをアップする

2014年07月24日 11時00分更新

文● 外村克也/松田聖司(タトラエディット)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本語の並べ替えに便利なふりがな自動入力

 住所録などを作成しているとき、名前や地域名などでソートしたくなることがある。Excelでは、セルに漢字を入力したときに「ふりがな」が保存されるため、正しい読みの順でソートすることができる。しかしながら、よそからペーストして入力した漢字についてはふりがなが保存されず、音読みでソートされるために、実際の読みとは異なる順になってしまう。ふりがなを登録することでこの問題は解消できるが、入力操作は非常に面倒。そんなときは、ふりがなを自動入力するショートカット[shift]+[option]+[↑]を使うといい。

ふりがなを入力したいセルを選択して[shift]+[option]+[↑]キーを押す。すると読みを判別してふりがなが自動入力される。[return]キーで確定

入力した数値をすばやく計算

 数値を入力して、その合計値を算出する場合に便利なオートSUM。よく使う機能なだけに、専用のショートカットが用意されている。複数のセルに数値を入力。その後[command]+[shift]+[T]を押してみよう。フォーカス中のセルの上に入力された値に対して、オートSUMが実行される。経費精算や予算の合計算出といったちょっとした計算時に便利だ。

合計を表示したいセルで[shift]+[command]+[T]キーを押すとオートSUMと同じ機能が働く

そのまま[return]キーを押すと合計値が表示される

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中