このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新技術、最新パーツを活用する極上PC自作第3回

ますます熱いガルパン! World of Tanksで戦車道を始めよう

2013年12月18日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 年末年始に組みたい旬な自作PC構成例と秀逸な機能&ツール群を、5回にわたって紹介していく特集記事。1回目2回目はスマホ/タブレットと連携したPC自作向け機能を紹介してきた。3回目は人気オンライン戦車ゲーム「World of Tanks」にベストなPCの自作を目指していこう。

 TVアニメの放映終了後も、ゲーム化やOVA「これが本当のアンツィオ戦です!」(サブタイトル)の2014年春イベント上映など、なにかと話題の尽きない乙女&戦車アニメの「ガールズ&パンツァー」(以下:ガルパン)。そのファンがハマること請け合いのゲームが、オンライン戦車ゲーム「World of Tanks」(以下:WoT)だ。

 コラボコミック「初めての戦車道」から秋葉原街頭の時報まで、さまざまなコラボレーションを展開しているガルパンとWoT。11月17日にガルパンの聖地“茨城県大洗町”で行なわれた「第17回大洗あんこう祭」(関連記事)にもWoTのブースが登場。ここで始めてWoTを知った人も多いだろう。そこで3回目は、そんなガルパンファンに送る厳選パーツ満載のゲーミングPCを紹介しよう。

ガルパンの「大洗女子学園あんこうチーム」のキャラたちが、WoTについて教えてくれるコラボコミック「はじめての戦車道(漫画 葉来緑)」を公式サイトで公開中
JR秋葉原駅近くの大型ビジョン「アキバビジョン」(ラオックス本店壁面)の時報が、ガルパンの「秋山優花里」(CV:中上育実さん)がジャック。毎日13時~19時の7回、WoTの時報が流れている

戦車道をWorld of Tanksで極めよう!!

 WoTは世界中で遊ばれているWargaming.netのネットワーク対戦戦車ゲームだ。基本無料で遊べるのがうれしいところ。有料戦車(プレミアム戦車)、戦車の開発、砲弾の購入で使用するゲーム内クレジットや経験値を課金で増やすこともできるが、課金=強さ(ゲーム内経験値)にならないところも魅力。

大戦映画などでもおなじみの戦車たちを操り、戦場を縦横無尽に駆け巡るWoT

 海外のオンラインゲームのため、チームとのコミュニケーションは基本英語になるが、今年9月から日本国内での正式サポートが開始。公式サイトには日本語による各種操作の説明が用意されているので、英語が苦手という人も安心だ。さらに、この手のゲームはあまり遊んだことがないという人も、オンライン対戦を行なう前に戦車の操作をマスターできるチュートリアルが用意されている。

公式サイトには「初心者ガイド」が用意されているので安心

 経験値をためて高ランクの戦車に乗り換えていく必要があるが、ガルパンに登場する「IV号戦車」や「チャーチル VII」、「M4 シャーマン」といった戦車を操ることもできる。さらにコラボによる音声MODなども予定している。

 また、日本の戦車が年内に実装予定なのもうれしいところ。ガルパンファンはもちろん、ミリタリー好きはWoTをプレイしてみよう。

ドイツ軍の開発ツリー。ガルパンのヒロイン西住みほが搭乗していた中戦車「Pz.IV」は、Tier 5だ

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中