このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

最新技術、最新パーツを活用する極上PC自作第5回

極静音PCで、話題のハイレゾ音源の再生に凝る

2013年12月24日 12時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ハイレゾ音源の再生は、ハイレゾ対応ウォークマンやUSB経由でPCなどと接続するUSB DAC、DAC搭載のネットワークオーディオプレイヤーなどいろいろあるが、ハイレゾ音源のダウンロードから保管や管理、既存CDのリッピングまでひと通り行なうにはPCが必要になる。そこで今回は、一度聴くとハマること間違いなしのハイレゾ音源の再生環境にオススメの“PC・ネットオーディオ”向けPC自作に挑戦していこう。

 今、注目度が高まるばかりなのが、一般的なCD音源に比べ、より高音質なハイレゾ音源の再生だ。ハイレゾ音源の配信といえば、クラシックやジャズがメインだったが、最近はポップやロック、そしてアニソンのハイレゾ音源化が進み、続々と配信がスタート。

 ハイレゾ対応のウォークマンやスマホ/タブレット向けアプリ、手ごろな価格のUSB DACなどが続々と登場し、オーディオマニアでなくとも手軽に始められる環境が整いつつある。

 5回目は、そんなハイレゾ音源の再生に加えて、保存や管理に便利なPC構成を提案していこう。

 PC自作ではなく、「ノートPCでは駄目なの?」と思うかも知れないが、ノートPCはギッチリパーツがつまっている小型性ゆえ、使っているうちにファンノイズが気になることもある。それでは、CDより最大6.5倍の情報量をもつハイレゾ音源も台無し……。

当然、PC自作も動作音はあるが、PCパーツの構成やファンコントロールなどで、かなり静かにでき、後々のストレージ拡張なども簡単なのがポイントだ。

 ちなみに、3.5インチHDDの最大容量となる4TBなら、容量の大きな192kHz/24bitのWAV形式でもアルバム1000枚程度は(1枚60分で容量4GB計算)保存できる。ただ、持ち歩くスマホ用などの形式にエンコードした音源も保存することを考えると、容量は意外と必要になってくる。

 今回は、手軽にハイレゾ再生を楽しめるUSB DACやUSB DAC機能を搭載するネットワークオーディオプレイヤーと接続して、ネットワーク経由でハイレゾ再生できるメディアサーバー(DLNA)としても使える静音性と耐久性に、こだわったPCを作ってみた。

ハイレゾ音源ってなに?

 ハイレゾとは、「High(高い) Resolution(解像度)」の略で、“高解像度の音”のこと。CD音源はサンプリング周波数が44.1kHz、量子化ビット数が16bitと規定されているが、ハイレゾはそれ以上の周波数とビットの音源を指し、現状ではCDの約3倍の情報量をもつ96kHz/24bitや、約6.5倍の情報量をもつ192kHz/24bitがハイレゾ音源と呼ばれることが多い。

 スタジオで録音された原曲に近い高音質で、CDでは再生できなかった空気感や臨場感を体験することが可能になっている。データが高解像度になるため、容量が大きく、主にインターネットによる配信が行なわれている。

 国内では「e-onkyo music」が、2005年よりハイレゾ配信を開始しており、最近はさまざまなアニソンを配信。12月18日からは、192kHz/24bitによる「新世紀エヴァンゲリオン」のオリジナルサウンドトラック3作品(2013 HR Remaster Ver.)の配信も始まっている。

ハイレゾ配信の草分け的存在の「e-onkyo music」。2万曲以上の楽曲を配信している「新世紀エヴァンゲリオン」のオリジナルサウンドトラック「NEON GENESIS EVANGELION」3作品が、192kHz/24bitで配信中。価格は各々3150円

 このハイレゾ音源を、PCメインで聞き惚れるための、機材のひとつがハイレゾ対応のUSB DACだ。PCオーディオで重要な位置を占めるUSB DACは、さまざまなメーカーが力を入れており、価格も数千円から数十万円台と、オーディオ機器ならではの奥が深い世界になっている。

 PC向けスピーカーなどでおなじみのアンプを内蔵するアクティブスピーカーではなく、パッシブスピーカーと組み合わせるUSB DAC機能搭載のメイプリアンプや、オーディオマニアに人気のあるDLNA対応のNAS、PCに保存した楽曲をネットワーク経由で再生するネットワークオーディオプレイヤーなど、聴く環境にあわせて選べるようになっている。

ヘッドホン&イヤホンの品ぞろえが超充実している「eイヤホン」。ヘッドホン&イヤホンの試聴数はアキバ随一で、モバイル向けのポータブルアンプ(ポタン)やUSB DACなど、ハイレゾ音源関連も充実している

 ちなみにUSB DACはハイレゾ音源だけでなく、動画や従来のCD、圧縮音源などの音にも効果絶大で、一度USB DACでの再生を体感すると、元のマザーボードオンボードサウンドには戻したくなくなる。

 もちろん、ゲームの「艦隊これくしょんの-艦これ-」の秘書艦のつぶやきもオンボードサウンドとは、ひと味違ったクリアーな声に! 時報や放置ボイスが楽しみになる。ただし、轟沈時の声もクリアーになるのが、ちょっとかなしいかも……。

 ASCII.jpでも注目しているハイレゾ音源。より詳しいハイレゾ音源の特集「CDを超える高音質をPCで満喫!! ハイレゾ音源入門」があるので参照してもらうとして、次ページではそのオーディオPCのおすすめパーツ構成を紹介しよう。

※お詫びと訂正:e-onkyo musicのスペルに誤りがありました。訂正してお詫びします。(2014年2月16日)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中