このページの本文へ

アップデート記念ムービーも公開

World of TanksにSTB-1など日本戦車13両や新マップ「隠れ里」が追加

2013年12月24日 15時06分更新

文● 菅谷/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
World of Tanksがアップデートを実施

 ウォーゲーミングジャパンが12月24日、オンライン戦車ゲーム「World of Tanks」のアップデート 8.10を実施した。

 World of Tanksは、全世界に7500万人(2013年12月時点)の会員を持つ無料オンラインゲーム。今回のアップデートでは東京ゲームショウのウォーゲーミングジャパンブースで設置されていた95式軽戦車ハ号を含めた軽戦車4両、陸上自衛隊で現役稼働中のSTB-1を含む中戦車9両の合計13両が追加されている。また、日本をイメージした新MAP「隠れ里」も導入されるなど、日本に関連の強いアップデートとなっている。

 その他、ソ連ツリーに2両の戦車、ティア XI に Object 430 Variant II、ティア X には Object 430 中戦車も追加。また、光源の調整、薄い壁を貫き攻撃が可能などゲームバランスの調整もされたという。アップデートを記念したムービー「我、鋼鉄ヲ纏イ強襲ス」も公開されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ