このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

PCパーツ人気ランキング&店員も欲しがる旬なパーツ(9月6日~10月6日)

【売上ランキング】新生FF XIVやBF4の影響が濃い売れ筋VGA

2013年10月09日 17時00分更新

文● 藤田 忠

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
パーツストリート
PCパーツの売れ筋ランキングと、店員オススメのパーツを隔週で掲載する

 毎週、新製品が登場するアキバのPCパーツショップ。そんなPCパーツの売れ筋ランキングと、日々パーツに接しているPCパーツショップ店員が自信を持ってオススメする旬なパーツを掲載する本コーナー。
 売れ筋ランキングは、CPU、メモリー、マザーボード、 HDD/SSD、ビデオカードといった主幹パーツからケースフ ァンといった小物まで、旬なパーツを隔週で掲載していく。

AMD新型GPUを気にしつつ
ゲームのために買い換え!?

 「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」(以下、新生FF XIV)や「Battlefield 4」(以下、BF 4)、「World of Tanks」(以下:WoT)、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」(以下:DQ X)と遊んでみたいゲームがいっぱいの今年の秋。

 前回(8月21日調査)から1ヵ月半しか経っていないが、新生FF XIVとDQ Xの正式サービス開始に、BF4のオープンベータテストや、WoTの国内サポートが開始されるなど、大きな動きのあったゲーム関連だが、話題のゲームを快適に遊ぶ上で、重要かつ悩みどころになるのがビデオカードだ。

パソコンショップ アーク

 今週はRadeonの新型ビデオカードも控えている。注目度の高いビデオカードの売れ筋チェックしよう。ランキングは、ゲーム好き自作ユーザーの常連が多く、ゲーミングPCの構成相談も店内でよく見かける「パソコンショップ アーク」に聞いてみた。集計期間は9月6日~10月6日の1ヵ月でお願いしている。

コストパフォーマンスの優れた
GeForce GTX 760が人気

集計期間 8月19日~9月19日 ソフマップ 秋葉原リユース総合館
順位 製品名 実売価格
1位 ZOTAC「ZT-60901-10M」
(GeForce GTX 660、GDDR5 2GB)
2万1980円
2位 GALAXY「GF PGTX650TI/2GD5 BOOST」
(GeForce GTX 650 Ti BOOST、GDDR 2GB)
1万3980円
3位 GIGABYTE 「GV-N760OC-4GD」
(GeForce GTX 760、GDDR5 4GB)
3万6780円
4位 GALAXY「GF PGTX760-OC/2GD5 MINI」
(GeForce GTX 760、GDDR 2GB)
2万7980円
5位 LEADTEK「WinFast GTX760 GD5 2048MB O.C HURRICANE III」
(GeForce GTX 760、GDDR 2GB)
3万980円
6位 ZOTAC「ZT-70405-10P」
(GeForce GTX 760、GDDR5 2GB)
2万8980円
7位 VTX3D「VX6450 1GBK3-HV2」
(Radeon HD 6450、DDR3 1GB)
4180円
8位 PowerColor「AX7850 1GBD5-S3DH」
(Radeon HD 7850、GDDR5 1GB)
2万980円
9位 GIGABYTE「GV-N640D5-1GL」
(GeForce GT 640、GDDR5 1GB)
9780円
10位 ZOTAC「ZT-70203-10P」
(GeForce GTX 780、GDDR5 3GB)
8万1800円

 ランキング集計ショップと時期は変わるが、前回調査した7月18日~8月18日のビデオカードランキングとは、ランクインしているGPUに大きな違いが出ており、ミドルローやローエンドGPUの多くが、ランク外になっている点に注目だ。

 「毎月上位はミドルGPUで、1位は2万円前半と手ごろな価格で、ゲームを遊べる定番の『GeForce GTX 660』ですが、新生FF XIVが登場してからは、2万円台半ばから3万円前半でコストパフォーマンスが優れている『GeForce GTX 760』が、10製品中4製品ランクインと人気になっていますね。

 「また、普段あまりランクインしない4GBモデルの『GeForce GTX 760』もランクインしています。これは推奨環境のビデオメモリー容量が3GBになっているBF4の影響が大きいですね」

 「あと最近はAMDの新型ビデオカードの『Radeon R9』や『Radeon R7』を気にしている人が多いですね。BF4のプレイをターゲットにしているビデオメモリー3GB仕様や、AMDが久しぶりにがんばっている価格とか、期待度高いですね。早ければ今週末には入荷しそうなので要チェックですよ」とのことだ。

トップは定番ミドルGPU「GeForce GTX 660」を搭載するZOTAC「ZT-60901-10M」。実売価格は2万1980円

 なお、AMDの新型ビデオカードは、ほかのショップ店員からも、一様に期待しているという声が出ている。とくに、3GBメモリー仕様の「Radeon R9 280X」はBF4のパフォーマンスや価格次第では、NVIDIAとのミドルGPU勢力図に変化が出るかもと見るショップ店員もいた。

 実際の性能やスペックの詳細は「3万円台GPUの新たな“王”「Radeon R9 280X」、その性能を見る」で是非とも確認してもらいたいが、期待を裏切らない性能になっている(実際の勝負は価格次第ではあるが……)

手ごろな価格帯の製品が多い玄人志向の「RD-R9-280X-E3GB」や、MSIの高性能クーラー「Twin Frozr 4s」&オーバークロック仕様となる「R9 280X GAMING 3G」など、「Radeon R9 280X」搭載ビデオカードは、今週末から続々と登場予定になっている

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中