このページの本文へ

徹底特集 「iPhone 5s」&「iOS 7」を全力チェック! 第16回

ファッション性でiPhone 5cか、将来性でiPhone 5sか、あなたの個性をビビッドに表す2つの新型iPhone

2013年09月18日 10時01分更新

文● 林信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エレガントで落ち着いたデザインを踏襲した「iPhone 5s」

 iPhone 5cがポップな色彩でファッションに敏感な層を狙う一方で、技術志向な人を狙ったiPhone 5sは、エレガントで落ち着いたiPhone 5のデザインを踏襲している。新たに新色のゴールドが加わったこと以外、背面からの見た目はiPhone 5そっくりだ(ただし、iPhoneという文字のフォントは細身になっている)。

「iPhone 5s」

右側面

左側面

天面

底面

 ただし、正面から見た場合は、ホームボタンの真ん中に描かれていた四角いマークがなくなり、その代わりにホームボタンを取り囲む金属のリングがついているため、一瞬で旧機種との見分けがつく。

ホームボタンを取り囲む金属のリングがついているため、一瞬で旧機種との見分けがつく

 ちなみに新色のゴールドは、光の加減にもよるがかなり控えめな色彩で、やはり柔らかな大人な雰囲気を醸し出している。

新色のゴールドは、光の加減にもよるがかなり控えめな色彩で、やはり柔らかな大人な雰囲気を醸し出している

落ち着いたトーンの純正革ケース「iPhone 5s Case」

 iPhone 5sが、そうした大人な雰囲気を狙っているともっとも感じさせるのは、アップルが用意した6色の純正革ケース「iPhone 5s Case」だろう。こちらもカラーバリエーションがあるとはいえ、それぞれかなり落ち着いたトーンの製品に仕上がっている。

6色の純正革ケース「iPhone 5s Case」。かなり落ち着いたトーンが特徴

 ちなみに、この革ケース、見た目こそおとなしそうだが、ひとつひとつもの凄くこった仕事がされている。間にプラスチックの中敷きが用意されているが、その中敷きも革もスピーカーグリルひとつひとつの穴が綺麗に掘られている。ボリュームの部分は中敷きには穴を開け、革は柔らかく加工して、ちゃんとボタンが押しやすくなるように工夫している。

iPhone 5s Caseの内側

中敷きも革もスピーカーグリルひとつひとつの穴が綺麗に掘られている

 しかも、1度ハメると外すのが大変になるくらい、本体にピッタリ精密にフィットするようになっているのだ。

装着したところ。「精密」といえるほど、ピッタリとフィットするようになっている

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中