このページの本文へ

徹底特集 「iPhone 5s」&「iOS 7」を全力チェック!第22回

「iPhone 5s」銀座行列19日の様子はこんな感じ!

2013年09月20日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
9月20日の発売に備えて準備中になった、「Apple Store, Ginza」。20時にはおよその購入パターンをスタッフが調査して回っていた

 銀座にあるアップル直営店「Apple Store, Ginza」前で、9月18日朝4時30分から並んでいる筆者。確実に確保するのだという編集部のオーダーに応じる形で、だいぶ長く待機している。ネットワーク環境の充実とタブレットデバイスの進化で、場所を選ばず作業できるのは便利だが……正直なところ、どこでもPDFで追記/注釈などアノテーションできてしまうのは危険である。初校をどこでもチェックできちゃう。

 といった感じで、銀座の路上で普通に作業をしながら、時間は経過していっている。状況を見てみると、9月19日のお昼を過ぎたあたりから一気に人が増え始めた。14時の時点で120人前後。15時30分時点では、160人ほど。増加速度が露骨に上昇し始めている。ということは、このままのペースではないにしろ、本記事が掲載されるころには500人近くになっている可能性がある(原稿作成終了前後、19日23時30分時点で400人の模様)。

 先頭集団は既報の通り、9月11日からのスタンバイ。次いで1週間前、6日前……というようになっており、筆者の場所は40人目前後。なお、筆者より前は“アピール空間”気味でもあるので、微妙に別世界感もある。

先頭集団は、着ぐるみがいたりなどのお祭り感が、後列に比べて激しい

 19日18時、ストアによる購入パターン確認があった。選択するキャリアやMNPか新規かといった確認だ。およその傾向を把握するものと思われる。人気はやはりゴールドのようだが、数自体が少ない予想が出ているため、狙って入手というのは今からでは難しいだろう。

 また、取材を行なうメディアは、TV局クルーは当然としてアプリ系の紹介サイトが増えている印象。同業の“におい”でバレているのか、筆者は取材を1度も受けてないので、ちょっと面白くない。

iPhone 5が今回のメイン端末
あとはつかれてビールを飲んだり銀座湯に入渠したり艦これをしながらクッキーを焼いていたら、自宅PCからの応答がなくなったり……

強力な差し入れ「イエデンワ2」

 フィールドベンチマークになりそうなノートPCを頼むと伝えていたのだが、届いたのはイエデンワ2だった。安定性と可搬性に優れるスマートなフォンであり、ASCII.jpイチオシのガジェットだ。持ってきたのは編集スエオカ。寝ている間に運ばれてきたので、メモには「Hey、テートク! ケータイでもいいけどサー、これで編集部と連絡を取りなヨ!」とあった。

 さて、イエデンワ2をちょっとチェックしてみよう。乾電池駆動の携帯電話であり、そのビジュアルは固定電話そのものだ。イエデンワ1はPHS回線のみだったが、イエデンワ2からはモジュラーを搭載。固定電話としても使え、都合に応じてモバイルできると、より頼れる存在になっている。圧倒的モバビリティだ。イエデンワシリーズは、防災目的での導入例も多いのだが、ASCII.jp編集部的にはケータイとしての側面に注目している。給電用のmicroUSB端子も健在で、とりあえず、後ほど、デバイスとしてPCが認識するかチェックしたいところだ(イエデンワ1はなぜかデバイスとしてOS側が認識していた。特に何もできなかったのだが)。

銀座待機列のイエデンワ2
最大の変更点はモジュラージャックの採用。固定電話にもなるPHSであるイエデンワ1はモバイルバッテリーからの給電だとアイドル途中で電源が落ちる仕様だったが、イエデンワ2だとどうも大丈夫くさい。詳細なレビューは後日掲載

長期戦の救世主スゴイバッテリー
しかも「Ver.2」

 以前にも紹介したスゴイバッテリーも届いた。詳しくは、過去の記事にお任せするとして、バッテリー容量75000mAhながら重量約2.5㎏と軽量、かつシガーソケットやUSB端子、miniDINを搭載するすごいバッテリーがスゴイバッテリーである。過去の記事で紹介したものは「Ver.1」にあたり、現行モデルは「Ver.2」。見た目こそ変化していないが、USB端子×2は、独立した2A出力になり、前モデルは非対応だったiPhone 5の充電もOKになった。さらにバッテリー残量を示すLEDも増設。4つのLEDで残量が分かるようになったのは、圧倒的大容量をより効果的に運用できることを考えると、とてもありがたい。

到着直後からさっそく充電させまくりiPhone 5の充電も確認した。Ver.1からの大きな進化点だ。iPhone 5sの充電については、まず問題なさそう
シガーソケットの上部に新設されたLEDサイン。4つのLEDの組み合わせでバッテリー残量がわかる仕組みだ

 使い勝手は前モデルとなんら変わりなく、インバーターを利用してPCを充電しながら使用といったことも簡単だし、コンパクトで場所をとらない。こういったイベントだけでなく、アウトドアでも人気の製品なのはやはり納得である。容量とサイズ、重量を4割ほどカットしたスゴイバッテリーminiの登場も期待したくなってくる。同行者と旅行のときにあるとそれくらいのサイズだと便利そうだよねと話していたのだ。ともあれ、使い勝手については、こちらの記事を参照してほしい。

差し入れResultがあがったヨー!

 周辺の様子はそこそこしか確認していないので、写真をべたべた貼りながら差し入れをチェックしてこう。

Twitterクライアント「メガネケエス」の作者・ひさきさんからの差し入れは、NFCキーホルダー妙にでかいパンも届いた某編集殿から届いた千疋屋のスイーツ!
同級生からも千疋屋のスイーツがっ!いろんな意味合いを込めてか、差し入れ率が高かったキットカット。ところで筆者と同行者は、どうやら他と比べてやたら浮いてるらしく、とても見つけやすいとか何度か言われた件についてりんご的なものもいただいた
自作PCパーツ方面でお馴染みM氏も出没。ProjectMはひじょーにナイスな製品が続いているのでがんばってほしいところM氏からの差し入れは「勝々」なる夜戦王御用達系ドリンク。なお筆者、こんな名前のドリンクは今まで知らなかった(笑)ライター・伊藤氏からは、東京ゲームショウでAMDが配布していたAMDマントとA10-6800K(!)。APUが手に入ったので帰りにマザーボードを買って、艦これ専用PCでも作ろうか


カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中