このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第17回

レトルトよりもお手軽にカレーが食べられるのです

水を入れてチンするだけ!? 魔法の「カップカレーライス」とは

2013年09月05日 15時00分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「日清カップカレーライス ビーフカレー」。本当に、これがカレーライスになるんですかね?

水を入れて、チンするだけ
本当ならレトルトよりも簡単なはずだ

 一人暮らしの学生や、オフィスで働く企業戦士などにとって、お湯を入れて待つだけで食べられるカップラーメンは強い味方である。ラーメンだけではなく、カップ焼きそば、お茶漬け、味噌汁など、「お湯を入れるだけ、食器もいりません」的な商品は、実に便利でお手軽といえる。

 そんな中、新たな「カップ○○」を繰り出してきたのが、カップラーメン界の大御所ともいうべき「カップヌードル」でおなじみの日清だ。日清は「日清カップヌードルごはん」など、カップご飯シリーズも出していることはご存知の方も多いだろう。

 その日清が今回世に問うのは、カレーライス。容器に水を入れて、電子レンジでチンするだけで、おいしいカレーライスが食べられるというのだ。その商品の名は「日清カップカレーライス ビーフカレー」。とにかくものぐさ、しかもカレーが大好きなアスキー・ジャンク部、さっそく試食してみることに。

中辛と辛口はすぐ見つかったものの、なぜか甘口は見つからず……

 さて、このカップカレーライスのラインナップは、「甘口」「中辛」「辛口」の3種類となっている。ところが、ジャンク部員で編集部の付近をくまなく探したものの、なぜか甘口が見つからないというピンチに陥ってしまった。

 これはジャンクの神様による、「甘口の人生なんて、お前らにはふさわしくないのだ」というメッセージだと受取り(?)、今回は中辛と辛口のみのレビューにさせていただく。ごめんなさい。

開封するとこんな感じだが、これでカレーライスになるんだろうか。チャーハンのような見た目だが……水を入れてみるが、特に変化はなし。うーん、ますます不安

 ともかく中辛と辛口の2つを購入し、早速開封してみると……確かにご飯と具は入っているのだが、どう考えてもカレーになるようには見えない。水を入れてみるものの、とりあえず茶色になる感じでもなく、「これで大丈夫なのか……?」と若干不安になる。

パッケージの調理方法を読み、とりあえず電子レンジに放り込む。あとは加熱するだけだというが

 果たして、ちゃんとしたカレーライスを作ることはできたのか? そして気になるお味の方は? 全ては次ページで明らかになる。たぶん。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ