このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ 第298回

辛い揚げ春巻としていかがですか:

セブン地域限定「麻辣ロール」想像以上に辛くてヤバイ

2019年11月27日 11時00分更新

文● モーダル小嶋 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「麻辣ロール」
セブン-イレブン(東京限定)
100円(税込108円)
https://www.sej.co.jp/i/item/0301011501850.html

東京限定の激辛な春巻

 セブン-イレブンで「麻辣ロール」なるものを見つけて買ってみました。公式サイトを見ると、現在の販売地域は東京のみのようです。試験販売的な位置づけ、なのかもしれません。

ホットスナックなので、こんな感じに入っています

 名前だけ聞くと、どういった商品なのか、わかりにくいですよね。見れば、理解できます。完全に、春巻です。要するに、辛い揚げ春巻だと思ってください。

見た目は完全に春巻ですね……

皿にのせると、もう誰がなんと言ったって春巻です

 具材は、豚肉、タケノコ、春雨などが入っているようです。外見も春巻なら、中身も春巻。どう見ても春巻です。本当にありがとうございました。ただし、赤い皮の色は、ダテではありません。辛いです。ピリ辛、という範疇を超えています。

思った以上に辛いじゃんコレ!
おかずやおつまみにもいけそう

外側の皮はパリッとしています

 味付けとしては、我々がイメージする春巻に近いです。ただ、唐辛子のピリッとした辛さ、そして、おそらく花椒によるヒリヒリする刺激が、このサイズなのに、しっかりと存在していることに驚くでしょう。想像以上に、舌と喉を刺激します。ちゃんと辛いじゃん……と感心してしまいました。

 豚肉やタケノコの食感と、強い辛味の相性もよい。食べ終わると口の中が「辛い!」という感じになるのですが、もう1本、いや2本、と食べたくなる魅力があります。極端な刺激ではなく、具材の旨味をしっかり残しつつ、ちゃんと辛いな、というレベルにぎりぎり収めている。

中身は春巻と同様なのですが、辛味は際立っていますよ。マジで

 ホットスナックということで、中華まん感覚のように食べましたが、複数本買って、おかずやおつまみにプラスするのも、アリではないでしょうか。「もう信じられないほど辛い! 無理!」というほどではないですが、かなり辛味が効いているので、「想像以上だな」「けっこう好きだな」と感じる人は多そうな気がします。

 辛党にも自信をもってオススメできるのですが、公式の情報を見る限り、販売地域が東京のみなのは、ちょっと惜しい。今後、拡大するのかどうか。ありそうでないホットスナックなので、ヒットしそうな予感がするのですが。東京にお越しの際は、いかがでしょうか。

おかずにプラスするのもありでしょう。チャーハン、ビール、麻辣ロール、なんて組み合わせもいい感じかと


モーダル小嶋

1986年生まれ。担当分野は「なるべく広く」のオールドルーキー。編集部では若手ともベテランともいえない微妙な位置。

人気の記事:
「松屋『ごろごろ煮込みチキンカレー』との長いお別れ」「名門ECMついにストリーミングに! 必聴アルバム25選」「デザインも機能もさりげない ハイブリッドスマートウォッチに惚れた」



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

カテゴリートップへ

この連載の記事
ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!