このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第29回

シーフード、カレーと並び立つ存在であることを、これでアピールしてほしい

カップ麺の“レッチリ”、「レッドチリトマトヌードル」は本当に辛口?

2013年12月04日 16時25分更新

文● アスキー・ジャンク部リターンズ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
全国1000万のチリトマト派(ジャンク部調べ)の皆さん、おまたせしました

 日清食品のカップ麺の看板シリーズである「カップヌードル」の中で、「チリトマトヌードルが好き」という人は多いはずだ。たぶん、多いはずなのだ。しかし、基本のカップヌードル、海鮮のデパート「シーフードヌードル」、インド人もビックリの「カレー」と比べると、やや影が薄いのも否めないところ。

 そこに現れたチリトマト界の新たな助っ人が、12月2日に発売された「カップヌードル レッドチリトマトヌードル」なのである。

 この製品は「カップヌードル レッドシーフードヌードル」「カップヌードル レッドカレー」に続く、「SURVIVE!レッドシリーズ」の第3弾にあたるものだ。これはつまり、シーフード、カレーと並んで、チリトマトがカップヌードルの主力なのだと、日清食品が公言していることに等しいはず。たぶん。

 こんな新製品、チリトマト派ならずとも気になるだろう。というわけで今回は、派閥争いとは無縁なASCII.jp編集部より、勝手にチリトマト派閥を作って火のないところに油を注ぐアスキー・ジャンク部のコジマが試食。

ジャンク部・コジマは、カップヌードルでは断トツでチリトマト派とのこと「すごくはないけど、やっぱり辛いですよね……」

 食べてみると、確かにちょっと辛い。麺と具はともかく、スープにペッパーが溶け混んでいるのだろう。通常の5倍にあたるレッドペッパーとホワイトペッパーが入っているとのことで、舌にピリリとした辛味が残る。

 とはいえ、チリの辛さにトマトの甘みと酸味がマッチしたスープという基本の構成は、通常のチリトマトヌードルと変わらない。具材もトマト、チキンダイス、コーン、キャベツ、インゲンといった、おなじみのもの。奇をてらっているわけではないので、味としては安心感のあるまとまり具合といえよう。

ここで登場したのは編集部きっての辛党・ニシマキ。「レッドとかなんとか言ってるが、どうも辛そうに見えない」とのことだが……

 肝心の辛さ自体も、よほど辛いものが苦手というわけではない限り、食べられる範囲に抑えられていると感じた。あくまでいつものチリトマトに、刺激をプラスした……というレベルだ。激辛党には物足りないかもしれないが、チリトマト派としてはこれを機に、より多くの党員が増えることを期待したい。

さっそく食べてもらうことに。中華ではラー油、和食では七味唐辛子を地獄のように投入する、自他ともに認める超辛いもの好きの評価やいかに「言うほど辛くはないです。辛いものが苦手でない人なら普通に食べられますね」とのこと。本人は「これにタバスコを入れればもっとおいしくなるはず……」と大胆な主張を展開していた

 というわけで、今日のジャンク部はカップヌードル レッドチリトマトヌードルでした。ごちそうさまでした。

ごちそうさまでした
■Amazon.co.jpで購入
■Amazon.co.jpで購入(関連製品)

カテゴリートップへ

この連載の記事

東京ゲームショウ2019大特集!

  • 週アス TGS2019 特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ