このページの本文へ

旅行に出張に大活躍!

ホテルの有線LANをWi-Fi化できる「小型ルーター」を比べたぞ!

2013年04月27日 12時00分更新

文● コヤマタカヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

4色カラーが選べる高速ルーター

Wi-Fiだけでなく有線LAN接続もできるLAN-W300N/RSS

 ロジテックのLAN-W300N/RSSはUSBメモリを2本並べたような形状をした小型無線ルーターだ。最大300Mbpsの高速Wi-Fi通信機能に対応しており、ホテルなどのネット回線のパフォーマンスをフルに活かすことができる。

 LAN-W300N/RSSの一番の特徴はWi-Fiに対応することに加えて、有線LAN接続もできること。このためパソコンは有線LANで接続し、スマートフォンやタブレット端末などはワイヤレスで接続するといった使い方が可能だ。

 給電用のUSBケーブルなどは付属していないが、その代わりにACアダプタが付属。本体の給電端子はAndroidスマートフォンなどと同じmicroUSB端子のため、一般的なUSB-microUSBケーブルを用意すればパソコンからUSB給電で利用できる。

microUSB接続のACアダプターやLANケーブルが付属する。

 接続面では、スマートフォン用にQRコードで接続認証ができるアプリ「QRかんたん接続」を用意。QRコードも本体背面のシール上に記載されているため、手軽に認証できる。携帯ゲーム機などと簡単に接続のできるWPSボタンも本体背面に装備しているが、リセットボタンと共用になっているのが残念。リセットするには10秒以上押す必要があるため、実用上は問題ないが、初心者には押しづらいだろう。

パソコンをアクセスポイントにできるWi-Fiアダプタ

USB端子に直接差し込むことでパソコンが親機になる

 今回紹介している製品のなかでは唯一、使い方が大きく異なるのがロジテックのLAN-W150NU2HTだ。他の製品が、単体で動作できる小型Wi-Fiルーターなの対して、この製品はパソコンのUSB端子に接続することで、パソコンをWi-Fiのアクセスポイントにできるというもの。

 このため、ホテルのインターネット回線が有線ではなくワイヤレスだった場合、パソコンでそれに接続して、さらにパソコン経由でほかのデジタル機器を接続するといった使い方ができる。

付属ユーティリティーでAPモードの設定を行う。

 利用するには、付属のユーティリティーソフトをパソコンにインストールした上で、本製品をパソコンに接続。通常では小型のWi-Fiアダプターとして機能するため、ユーティリティーソフト上で、AP(アクセスポイント)モードに切り替えを行う。ソフト上でSSIDやパスワードの設定ができるため、あとはスマートフォンやタブレットで設定したパスワードを入力する。これで、パソコンをアクセスポイントとして複数の機器でインターネット接続ができるようになるのだ。

 海外ホテルのWi-Fiサービスでは、端末ごとに課金・認証が必要なことがある。こういったときに、LAN-W150NU2HTを利用すれば、パソコンの課金のみでインターネット接続を共有できるというメリットがある。

■関連サイト

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン