このページの本文へ

2.4GHz帯で電波干渉があっても安定して通信できる

ホテルの有線LANをWi-Fiに、5GHz帯300Mbps対応

2013年07月23日 20時40分更新

文● 柴谷理沙/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2.4GHz帯と5GHz帯に対応するホテル用小型Wi-Fiルーター「WRH-H300シリーズ」

 エレコムは7月23日、5GHz帯に対応したホテル用無線ルーター「WRH-H300シリーズ」を発表した。

 出張や旅行先などで、ホテルの有線LANポートを手軽にWi-Fi化できるルーター。2.4GHz帯にくわえ5GHz帯にも対応しており、2.4GHz帯が電波干渉を受ける場合でも、安定した通信が可能だという。「2.4GHz/5GHz同時通信モード」、「2.4GHz専用モード」、「5GHz専用モード」の3モードを備え、スイッチにより切り替えが可能だ。通信速度は、2.4GHz/5GHz同時通信モードが150Mbps。その他2モードは300Mbpsでの通信に対応する。

 

 WPSボタンを押せばWPS対応Wi-Fi機器との設定が簡単にできるほか、無料アプリ「QR link」に対応し、QRコードを読み込むだけでスマートフォンやタブレットのWi-Fi設定ができる(App StoreおよびGoogle Playにてダウンロード可能)。そのほか、LANポート×1、WANポート×1をそなえ有線LANの利用もできる(100BASE-TX、10BASE-T対応)。ルーターモード/アクセスポイントモードの切替スイッチも備える。

約幅68.9×奥行64×高さ14.5mm、約35gの小型軽量サイズで持ち運びにも便利だ

 本体寸法は、約幅68.9×奥行64×高さ14.5mm。重量は約35g(アダプターを除く)。USB-microBポートから給電可能。電源用ACアダプターを同梱する。

 カラーバリエーションは、ブラック(WRH-H300BK)とホワイト(WRH-H300WH)の2色をラインアップする。価格は各7686円。8月上旬より発売開始予定だ。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース