このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

新「iPad」―感性を刺激する未体験の解像感がポストPCの未来を斬り開く

2012年03月15日 10時01分更新

文● 林 信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

完成したiLifeスイートがiPadの価値をさらに高める

 ここまで新しいiPadのハードウェアの特徴や新機能について触れてきたが、アップル社の製品はスペックや機能で勝負しているわけではない。

 やはり、なんといっても大事なのは、それによってどんな風に生活が豊かになるかだ。

iPhoto

 それでいうと、今回、iPadの発表と同時に、iOS版の「iPhoto」が登場し、これまでMacに「iLife」のブランドで提供していたライフスタイルアプリケーションがすべて勢揃いしたことの意義は大きい。

 iOSにカメラコネクションキットをつないで、デジタル一眼レフカメラの写真を取り込み、iPhotoを起動すれば、MacBook Proの17型よりも、はるかに豊かなピクセルレベルで写真のレタッチができる。

 一眼レフで撮影した運動会のママさん写真のベストショットが、学校が雇うプロカメラマンの写真よりもドラマチックで、感情溢れる一枚に仕上がる。

 撮りためた写真から「ジャーナル」と呼ばれる写真日記をつくる機能や、ジャーナルで用意した写真を、CMのようなスライドショーアニメーションに変えてくれる機能もある。

 このiPhotoが入ったiPadを持って友達と旅に出かけたら、一体どれだけ楽しい思い出を残せるか。そう考えただけでゾクゾクしてくる。

iPhotoでの彩度補正。操作はタップだけ

おなじくホワイトバランスの補正

iPhotoの新機能「ジャーナル」。パネル状の写真日記をつくり、iCloud経由でWebに公開できる

 日中のアクティビティーをiPadのカメラでフルハイビジョン動画として撮影しておけば、夜、宿に帰ってきてから、ほんの数分で「iMovie」の楽しい「予告編」映像にして、皆で楽しむことができてしまう。

 しかも、iPadにあわせて1080p対応にアップグレードしたApple TVを宿のテレビにつなげば、AirPlay機能を使ってワイヤレスで1080pの動画を大画面に飛ばして皆で楽しむこともできる。

新たなApple TVは、1080p対応。AirPlay機能を使うと、ワイヤレスで新iPadの画面を大画面テレビなどに映し出して視聴できる

 旅先で楽器を持ってきた友達に混じって、楽器のできない方でも「GarageBand」でリズムを刻んだり、新しいストリングオーケストラの機能を使って合奏に参加することも可能だ。旅先でできた即興の音楽をGarageBandで録音し、iTunesに転送すれば、翌週、会社からの帰りの電車内でiPhoneやiPadでその音楽を聞き、楽しい思い出に元気をもらうこともできる。

「GarageBand」。ほかのユーザーとジャムセッションを楽しめる

撮影協力:平河町ライブラリー

 iPadであれば、残せる画像や音が上質なぶん、思い出せる記憶や楽しさも鮮明になる。

 そして、そんなところにこそ新しいiPadの本当の価値があるんじゃないかと思う。


前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中