このページの本文へ

新「iPad」―感性を刺激する未体験の解像感がポストPCの未来を斬り開く

2012年03月15日 10時01分更新

文● 林 信行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もしかしたら、本当はiPad HDだったかも

 ちなみに、このiPadの発表にあたっては、ギリギリまで製品名についての噂が飛び交っていた。

 「iPad 3」になるという噂もあれば、「iPad HD」になるという噂もあった。

 それをあえて、ただの「iPad」にしたのは、前回、iPhone 4Sを発表した時に、大勢の人が、中身の質にまったく関係ない名前に騙されて、これをマイナーアップグレードと呼んだのが一因になっていると思う。

 今回のiPadを3と呼ぶと、次のiPadは4に、そして2019年にはiPad 10にしないと、その度に「これはマイナーアップグレードだ、なんだ」とケチがついてしまう。

 こんな馬鹿げた慣習をいち早くやめるためにも、iMacやMacBook Pro同様に製品名から序列を表す要素を排除しようと考えたのではないか。

 こんなことを思いながら、iPadとiPad 2の比較撮影をした時、ある衝撃的な事実を知った。そもそも、「iPad 2」という名前すらも便宜上の名前でしかなかった、という事実だ。

 今、改めてiPad 2の箱を見てみると、そこには「iPad 2」とは書かれておらず、ただ「iPad」と書かれているだけだ。

奥にあるのが、新iPadの箱で、手前側がiPad 2のもの。違いは「iCloud」ロゴがあるかどうかだ

 またiPad 2本体の背面には商品名が刻印されているが、こちらの刻印も「iPad 2」ではなく、ただの「iPad」。

新iPadの背面にある刻印

iPad 2のもの

 つまり、昨年iPad 2を出した時、この製品を発表したスティーブ・ジョブズが、壇上の思いつきで「iPad 2」を「iPad SD」や「the new iPad」と呼んでいたとしても、まったく不都合なくその名前が浸透していたのだ。

 もしかしたら、今回の新「iPad」も、ティム・クック新CEOが壇上にあがる数十分前までは「iPad 3」や「iPad HD」と呼ばれていたが、あまりにもその名前が噂で広まり過ぎていたので、その呼び方をやめて、ただの「iPad」にしたのかもしれない。もしそうだとしても、箱の再印刷や製品の刻印の変更は一切不要だったのだ。

 もっとも、ここまでそっくりな製品が、同じようなデザインの箱に入って発売されると、販売時の混乱がありそうなのが少し不安だ。並売を続ける以上、混乱を押さえるためにもiPad 2の箱の表示を「iPad 2」に直すなどの工夫をしてほしいところだ。

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中