このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー 第100回

SE-300PCIEはサウンドカードの決定版となるか?

2011年05月06日 12時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトウェア面は
X-Fi Titaniumと共通

 前述のとおり、SE-300PCIEはX-Fiプロセッサーをオーディオプロセッサーとして使用しているため、ソフトウェア面ではX-Fi Titaniumとかなりの面で共通している。インストーラーはX-Fi Titaniumシリーズとほぼ同じもので、ドライバーと一緒に導入されるソフトウェアも、X-Fi Titaniumシリーズから雑多な付属ソフトを省略した構成となっている。

インストーラーの画面。ドライバー以外にインストールされるソフトは、おおむねX-Fi Titaniumと同じもののようだ

 X-Fi Titaniumでは、使用シーンに応じてX-Fiプロセッサーの動作モードを切り替える「オーディオコントロールパネル」という設定ソフトがあるが、SE-300PCIEでもこれと同じものが用意されている。オーディオ機器風のユーザーインターフェースを備えており、SE-300PCIEの動作モードや設定を簡単に切り替えられる。

SE-300PCIEの動作設定ソフト「オーディオコントロールパネル」。画面は音楽鑑賞に向いた「エンターテインメントモード」。中央に並ぶアイコンが、個々の機能への入り口

モードスイッチャで動作モードを切り替える。ほかにゲームに適した「ゲームモード」、音楽制作に適した「オーディオクリエイションモード」がある

ゲームモードの状態。モード切替に合わせて各種設定も変わるので、音楽用とゲーム用で設定を使い分けるのも容易

サウンド再生に擬似サラウンド効果を与える設定画面

 動作モードごとに設定をまとめて切り替えられるので、例えば「ゲームモードではサラウンド効果用にX-Fi CMSS-3Dをオンに」「エンターテインメントモードではオフに」といった使い分けができる。

クリアなサウンドに驚き
用途を選ばぬ優れたサウンドカード

 今回はSE-300PCIEと、Intel X58チップセット搭載マザーボードのオンボードオーディオ機能で同じ楽曲(CDから取り込んだWAVEファイル)を聞き分けて、再生品質の違いを比べてみた。オンボードオーディオ機能には、一般的なRealtek社製オーディオチップが搭載されている。

Windows 7では、通知領域のスピーカーアイコンを右クリックして、「再生デバイス」を選ぶと複数のオーディオデバイスを切り替えられる。赤枠内がSE-300PCIEの出力で、「スピーカー」が2chアナログ出力とヘッドホン出力。今回はこちらを使用した

 筆者は日常的に「いい音」を聞き慣れているというわけではないので、正直に言えばテスト前には、音の違いを聞き分けられるか不安があった。しかし、実際に聞き慣れた曲を再生させてみると、その違いがはっきりと聞き分けられて驚くほどだった。

 例えば、オンボードオーディオではざらついて聞こえるドラムやストリングスの音が、SE-300PCIEでは明瞭に楽器の音として聞こえてくる。また、ある曲の場合、オンボードオーディオでは「ざらついた背景音」のように聞こえる部分が、SE-300PCIEだと「ささやくようなコーラス」だったことが聞き分けられる、といった具合だ。オーケストラ演奏からポップミュージックまで、どんな曲でもその違いは明らか。聞き慣れてくると、とてもオンボードオーディオには戻れない。

 サウンドカードとしての優れた再生品質に加えて、X-Fiプロセッサーによるゲーム向けサラウンド効果も堪能できる。残念ながら、Windows Vista以降はEAXが使えなくなったこともあり、Windows XP時代と比べればX-Fiプロセッサーの効果があるゲームの比率は減っている(OpenALという後継APIを活用したゲームもある)。そのためSE-300PCIEでは、優れた音楽再生にプラスアルファの魅力として、ゲームでのサラウンド効果があると考える方が適当だろう。

 いずれにしても、SE-300PCIEがうたうノイズのない音楽再生という魅力は、さして耳が肥えているわけでも筆者でもはっきり実感できた。実売価格は3万円台前半と、拡張カードとしてはけっして安い方ではないが、パソコンでもいい音で音楽を楽しみたいという人には、その価値があるサウンドカードと言えそうだ。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン