このページの本文へ

「Trend Micro NAS Security」搭載でファイル保存時にウイルスチェック!

企業向けNAS「TeraStation Pro」にウイルス対策モデル

2011年09月15日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 9月14日、バッファローは、データの保存時にウイルスチェックを行なう企業向けNAS「TeraStation Pro(テラステーション プロ)」4シリーズを発表した。

「Trend Micro NAS Security」を搭載する「TeraStation Pro」の新製品

 本製品は、ファイルサーバーとして利用したり、PCサーバーのバックアップとして利用可能なNASで、トレンドマイクロ「Trend Micro NAS Security」を搭載する。これにより、万が一ウイルス対策の不十分なパソコンがネットワークに接続し、ウイルス感染したファイルを本製品に転送した場合でも、ウイルスを自動検知し、ファイルの隔離やウイルス駆除を実施。他のパソコンがウイルス感染したファイルにアクセスするのを未然に防げる。

 データの保存時のリアルタイムスキャンに加え、スケジュールを設定してのスケジュールスキャン、手動によるスキャンも可能だ。ウイルスパターンファイルの更新は、初回のアクティベーションから5年間有効となる。

 4製品のスペックと価格は以下の通り。出荷予定は、各製品とも10月上旬となっている。

製品スペックと価格

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ